京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

コンピューター科学

コンピューター科学の2016年2月20日の内容はこちら



実習指導

五十嵐 淳 (情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 教授)
馬谷 誠二  (情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 助教授)

チューター

大元 武 (情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 専攻)
雲天  (情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 専攻)
小林 恵 (情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 専攻)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス  総合研究7号館2F 223号室 

実習内容

今回はゲームがほとんど完成した。前半はゲームの改良をしていました、後半は明日の発表会のためにスライドを作っていました。終わりに皆さんの作ったゲームを見ました、よくできていました。

 スライドを作成
スライドを作成

スライドを作成
スライドを作成

作ったゲームの発表
作ったゲームの発表


受講生の感想

  • 今まで大変でしたがゲームを完成手前まで作ることができました。丁寧に教えていただき、今までありがとうございました。明日までに自分たちで改良できるところは改良します。
  • かろうじて完成しました。皆さんの足を引っ張ってしまって申し訳有りません。
  • わからないことも多かったけど、最後はゲームが完成でき、とても充実した時間だった。明日の発表が楽しみだけど,パワーポイント作りが大変。
  • 今回は、オリジナルゲーム開発の最終回ということで、ゲームは、クリア。文字の色、難易度など、微調整をした、まだ拡張したい機能がたくさんあって、時間が足りないと感じた、自宅でも、気が向いた時にはそれらの続きをしたいと思うひとりではない開発もうまくいったよかった。良い体験だっだと思う。
  • 画面に描画する画像を調整したり、レベルを三段階にしたりして、ゲームを完成させることができた、また、ゲームがただ続くのではなく、ゲームクリアを設定することで、よりゲームらしくなったと思う。発表に向けて、これまでの振り返りをすることもできた。明日の発表会では実習の成果を上手に披露できるように準備したい。
  • ついにゲームを完成出来ました!私は当たり判定とか描画などの場合分けが多いものをやったので、すべての場合を数えることに一番気をつけました。今回で最後となりましたが、もう少し教わりたかったなと感じています。今までご指導ありがとうございました。
  • ついにゲームを完成出来ました!私は当たり判定とか描画などの場合分けが多いものをやったので、すべての場合を数えることに一番気をつけました。今回で最後となりましたが、もう少し教わりたかったなと感じています。今までご指導ありがとうございました。

平成27年度以前の
実施レポート

平成28年度以降の
実施レポート