京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

コンピューター科学

コンピューター科学の2016年2月6日の内容はこちら



実習指導

五十嵐 淳(情報学研究科通信情報システム専攻 教授)
馬谷 誠二(情報学研究科通信情報システム専攻 助教)

チューター

大元 武 (情報学研究科通信情報システム専攻)
雲 天  (情報学研究科通信情報システム専攻)
小林 恵 (情報学研究科通信情報システム専攻)

ボランティア

宮本 洋平(情報学研究科通信情報システム専攻五十嵐研究室 卒業生)

実施場所

吉田キャンパス 総合研究7号館2F 223号室 

実習内容

前回に引き続きゲームの実装を行いました.
実習も今日を含めてあと2回ということで,今回でほとんどのペアがほぼ完成というところまで進められたようです.

 TAが質問に答えている
TAが質問に答えている様子

みんながプログラミングしている
みんながプログラミングしている様子

先生が学生を指導している
先生が受講生を指導している様子


受講生の感想

  •  今回は長い間悩んでいた、敵や弾を消す処理ようやく実現することができた。まだできていないこととしては、画像に関係するものだけなので、ほぼゲームとしては完成した。自宅では、画像を作ったり、ゲームの調整をしたりしたいと思う。
  •  ゲームに登場する敵や弾の動きのプログラムが完成した。ぼくは弾に当たった敵を取り除く部分や、背景画面の描画を担当した。また、ゲームを遊びやすくするための弾の速さの調整もした。
  •  主人公をジャンプさせるのに尽力しました。物理の公式を使わなければならない場面があったので,自分でもっと勉強しようと思いました。また,キー入力なども定義しました。
  •  前回よりはマシかもしれないがやはりスピードが遅い(泣)なんとか再来週に間に合わせます!!
  •  難しかったですが,前回よりも理解できてゲーム作りを手伝えたと思いました。次まで良いアイディアを考えてきたいです。
  •  分からないことも多かったが、何とかゲームの形にすることができてよかった。自分で作っていると、わからないところをなんとか分かるように勉強するので、より理解が深まると思った。
  •  とても簡単だけど,ちょっとは””遊べる””ゲームができました。しょぼくても完成すると、達成感はすごいです。やっぱり、モノづくりはとても面白いと思いました。ELCASを通して、情報は得意にならなかったですが、とても好きになることができました。ありがとうございます。
  •  前回休んでいたからか、中々始めは苦戦しました。感想として、横スクロールに障害物を加えることができ、少しはゲームらしくなってくれたのでよかったです。当たり判定はとても苦戦したので、家に帰ってから完成させられたらいいと思いました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート