京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

コンピュータ科学

コンピュータ科学の2016年1月23日の内容はこちら



実習指導

五十嵐 淳(工学部/情報学研究科 通信情報システム専攻 教授)
馬谷 誠二(工学部/情報科学研究科 通信情報システム専攻 助教)

チューター

大元 武 (情報学研究科 通信情報システム専攻)
雲 天  (情報学研究科 通信情報システム専攻)
小林 恵 (情報学研究科 通信情報システム専攻)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス 本部構内 総合研究7号館2F223号室

実習内容

今回から本格的にゲーム作りを始めました。
前回で大体ゲームの仕様は固めていたので、それに基いて実装を行いました。
欠席者が多く、一人しかいないペアもありましたが、チューターの方からアドバイスを貰いつつ、実装を進めていきました。

プログラムを書く学生1
プログラムを書く受講生(1)

プログラムを書く学生2
プログラムを書く受講生(2)


受講生の感想

  •  全くやっていなかったわけではないが、かなり忘れていて相当の時間を思い出すのに費やしてしまった。復習は大切です!
  •  つくろうとすればするほど自分がなにをしているのかわからなくなってくる。実際に画面に描写することができると、作れたことに感激する。
  •  今回はシューティングで弾と敵が当たった時、その当たった双方を取り除く方法を考えるのに、一番苦労した。リストが2つあるのが一番のネックだった。まだ当たった弾、当たった敵を特定する方法が2時間ほど考えても思い浮かばなかった。また、頭を切り替えて実装できるようにしたいと思う。2人でも開発もスムーズにできてよかった。
  •  今回はゲームの基本的なルールや、操作方法について考えることができました。自分の動きと相手の動き、さらに発射する弾など、複数の動きを考えてプログラムをしなければならないので、よく注意したいです。分担作業としてまずは、敵の動きについてプログラムしていきます。
  •  少しぎこちなく開始することになってしまったのですが、今日の目標を達成できて満足しました。今日は render-pit と next-pit を完成させることができました。次回もよろしくお願いします。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート