京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

スピンの謎 

  • スピンの謎  

日時

2009年12月5日(土) 

講師

今井憲一 教授 

授業風景


受講生の感想

  • 専門外なので内容はほとんどわかりませんでしたが物質がこういうふうに成り立っているということに触れたように思うので大変楽しく聞かせていただきました。
  • 大変面白かったです。ハイパー核などについてのお話も聞きたかったです。
  • 半整数と整数のスピンが偶数と奇数の関係に似ているというのが興味深いと思いました。魔法数についても調べてみたいです。
  • かなり難しかったけど面白かった。今まで断片的に得ていた知識がある程度つながってよかった
  • かなり難しい話でしたが、とても面白かったです。今回は陽子の中の話でしたが電子の話なども併せて聞きたいです。
  • 難しい内容でしたが粒子については面白そうだなと以前から思っていたのでとても楽しかったです。粒子のような小さなものにあんなにたくさんの秘密が隠されているのが驚きでした。
  • 難しかったけど、先生達が行ってきたことや研究していたことを知ることができてよかったです。超ひも理論についてのお話も聞きたいです。
  • 内容が難しかったです。物理の中にもこんなに難しい分野があるということが非常によくわかった。今日は理解できない部分も多かったが、これで自信をなくすのではなく、理解できるように頑張りたい。
  • 難しい内容だったが電子スピンについて知識が深まった。
  • 今日の内容は難しかったですが、興味があったので関心を持って講義を聞くことができました。
  • 難しいなと思いました。MRI等の身近なところにも応用されていることが分かりました。
  • 原子核スピンについて、元々知っていることが少なかったのでとても私には難しかったです。スピンしているのに見えないというのが不思議でした。
  • スピンについて初めてお話を聞きました。正直とても難しかったですが、少しでもわかるようにいろいろ調べたりしてみたいと思いました。
  • 難しい話でわからないことがほとんどだったが関心はもてた。大学では化学を学ぼうと思っていたが、物理もいいかもしれないと今回の講座で思った。また参加したい。
  • 難しい話だったけれど一つ一つについて例えを用いて説明をしてくれたので幾分わかりやすかった。
  • スピンの話は、量子論の本を読んだ時にも出てきていていろんな意味が分からないと感じていたけれど今回この講義を聞いて少しだけ素粒子について興味が持てたと思います。
  • 前に本で読んだ内容のことでした。少し難しかったけれどいろいろ興味が持てました。超対称性とその破れについてもう少し深く知りたいです。
  • 加速器の実験方法やどうやって結果を出しているか解り面白かったです。
  • 普通に目で見て確認できないものを考えて究明していけることがすごいと思った。
  • 興味のある分野の話で面白いなと思ったが反面あまりにも難しい話だったので最先端科学の奥深さを目の当たりにした。
  • ちょっと難しかったです。スピンというのは結局何かいまいち解るような解らないような感じでした。でも上向きとか下向きはコイルの話をして下さったときに中学校の授業を思い出し、理解できたような気がします。科学技術での国際協力ができるというのはいい話だと思いましたし、例えお金がかかっても削減すべきではないと思いました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート