京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

セラミックスの化学の新しい展開 

  • セラミックスの化学の新しい展開 

日時

2009年11月7日(土) 

講師

陰山洋 准教授 

授業風景


受講生の感想

  • とてもわかりやすく、面白かったです。普段セラミックスの名前は聞いていたけれど内容をよく知ってなかったので詳しく説明をしてくれたのでよかったです。
  • 初めての化学のオープンコア講座は少し難しい部分もあったけど、身の周りにあるものがたくさん出てきて楽しかったです。
  • 今までセラミックスにあまり興味がなかったのですが、本日のオープンコア講座を聞いて少し関心が持てるようになりました。わかりやすく説明をして下さったのでもっと難しいと思っていたセラミックスが少し身近に感じることができました。
  • セラミックスという言葉は聞いたことがあるようなないようなという感じでしたが講座を聞いているうちに形が変化したり、組成式が変化したりとわかりやすい内容でよかったです。
  • 無機化学はあまりよくわからないし、面白くないと思っていましたが運でできる化学と聞いて有機とは逆の過程でやるのは面白そうだと思うようになりました。
  • 物質と物質の反応などは学校ではただ式を与えられたり性質を学んだりするだけなので化学の分野での新しい発見についての苦労やそこに至る過程なども知ることが出来て非常に興味がありました。
  • 途中からの話が専門的すぎて理解が難しかったです。もう少し理解している状態で話を聞ければ多少頷くことができたかもしれない。興味は持てたのでまた調べてみたいです。
  • 高校で無機化学を習うと丸暗記しなければならないところが多くて大学で勉強すればわかるかなと思っていましたが、今日合成後の物質の構造が予想できないことや幸運が必要になることを聞いてとてもびっくりしました。
  • 学校でやっている化学のような話から現在の化学での課題などを幅広く学べ面白かった。科学の分野にも興味が湧きました。
  • 身近な有機物も無機物だと思っていたが、有機物はともかく無機物の複雑さを知って驚きました。
  • 有機物の方が複雑なイメージがあったのに無機物の方が実は複雑と聞いて驚きました。
  • 日常でもよく見るセラミックスがすごく同化しているんだなと思い驚きました。
  • 学校で習う無機分野は「覚える分野」というイメージだったんですが、新しい性質を見つけたりするのは面白いと思いました。研究についてもお話して下さったので参考になりました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート