京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

ランダムウォークと確率論

  • ランダムウォークと確率論

日時

2010年6月5日(土) 

講師

熊谷 教授

受講生の感想

  • ランダムウォークは習っていないとこもあって難しかったけど興味深い内容でした。確率の分野に興味を持てました。
  • ものすごく面白そうなのですが、とても難しく、よくわからない部分が多すぎて悔しかったです。もっと勉強したい。
  • 学校の模試の関係で遅刻してしまい、話があまり分かりませんでした。難しかったです。今日でオープンコア講座が終了と知り、とても残念です。
  • 今日は数学でした。難しかったけれど少しだけわかりました。
  • 今日の講演内容はかなり難しく感じましたが自分が良く知らない世界があることを知ることが出来ました。
  • ランダムウォークがはじめ解らず戸惑ったが少しだけわかった。
  • とても難しかったが少しは興味がもてました。
  • ランダムウォークということで大変難しく、全然意味が分かりませんでした。
  • 元々数学が苦手なので終始よくわかりませんでした。
  • 理解が追いつかなかったので残念でした。
  • 今日のオープンコア講座はとても難しくて良く分からなかった。
  • 話が難しくてわかりにくかった。
  • 遅れてきたので最後の10分くらいしか聞いていないのでよくわかりませんでした。
  • とても難しかったし、式はよくわからなかったが、何を考えてこのような式をたてたのかわかったのでとてもよかった。
  • 数学でaboutに教えられた確率がclearになってとても興味が持てた。
  • ランダムウォークはランダムというだけあって数学的にはあまり定義不能というか、決定不可能な感じがしていたので今日はとても厳密にランダムのお話が聞けてとても面白かったです。もっと厳密なことは大学に行って勉強したいと思います。
  • 数学が難しかったので後でネットで見て考えたいと思います。ランダムウォークの極限を調べてみることで熱伝導のことが分かるとは驚きました。
  • 数式が良く分かりませんでしたが、なんとなくイメージはできたと思います。
  • すごく難しかったですが、ブラウン運動や熱の伝わり方を表せるのが面白いと思いました。
  • 今日の内容はついていくのがやっとでした。全体像をつかむためにはもう少し内容を絞った方がよかったのではないかと思います
  • 熱伝導の話は面白かった。言われてみればそうなんですが、あらためて言われて確率論的に証明できることはすごかったです。
  • 確率論と熱伝導など物理現象との結びつきが具体的に示され、面白かった。 
  • 自分の知らない分野を知ることが出来て面白かったです。大学1.2回生向けにもこのような企画をしてほしい

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート