京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

化学

化学の2014年1月11日の内容はこちら

実習指導

朴 昭映 (生物化学研究室 助教)

チューター

山本 清義(博士課程 1回生)

坂下 宗平(理学部 4回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科 2号館 517号室

実習内容

ホスフォロアミダイト法を用いて、DNAの4量体の固相合成をDNA合成機を使用し行った。さらに、次回に行うDNAの分離・精製の下準備として、分子量の同定と固相合成用樹脂からのDNAの切り離しを行った。

固相合成用樹脂を反応容器に詰める。
固相合成用樹脂を反応容器に詰める。

杉山弘教授によるDNAについての解説。
杉山弘教授によるDNAについての解説。


DNA合成機の条件を設定し動かしている様子。
DNA合成機の条件を設定し動かしている様子。


受講生の感想

  • 今回は僕にとって、未知とはいきませんが、あまり知らない領域である「生物」に関連する実験をしました。DNAに関連する実験をしました。DNAに関する昔ならったあやふやな知識を持ち出して理解しました。教授は生物をあまり知らないが故に出てくる疑問にも丁寧に答えて下さり、又研究室のメンバーも暖かい雰囲気で、終始楽しく体験することが出来ました。次回はクロマトグラフィーをやるということで楽しみです。今回はありがとうございました。
  • DNAと言えば、だ液を取ることで将来にかかり得る病気の予測が出来るなどと言ったサービスがアメリカで作られたが、停止された という事を聞いたりしていて、DNAと人間の深いかかわりについて、とても興味を持ちました。実際DNAを触ってみると、まるでティッシュに触れているかのようで、こんな物に生物を特徴づけるコードが入っているのだなと思いました。 そして、今日の一番の驚きは化学的に機械でDNAを作ることが出来るということです。薬品を容器に入れ機械につなげる事で化学反応を行ってくれ、DNAを作る事ができました。構造式はまだ習っていないのです。書くためのソフトウェアも体験させてもらいました。簡単に見やすい構造式を作れるみたいです。こういったものの存在も化学が進歩している理由なのかなと思いました。
  • 新年が明けて一発目のELCASはDNAでした。最近、TVで映画等でもDNA関連のものが多くて、自分も生化学にとても興味があったので嬉しかったです。いきなりDNAを合成しましたが、想像とは違っていました。機械が頑張ってくれました(笑)。次回も楽しみです。
  • 今回はDNAの合成だったが、なかなか興味深かった。準備は人間の手で行ったが、合成などの過程は全て機会が行うということだったので、便利だなと感じた。 またサケの白子から取り出したというDNAなども見せてもらったり、実際に触れさせてもらい、いい経験になったと思う。 DNAのモデル図もパソコンのソフトで作成したりなど面白い内容もあった。 今回は前回までと異なり、生物にも関係してくる内容であったので傾向が変わっていてよかった。
  • 今回の実験では、DNAの合成を行いましたが、4つの塩基を化合させるのが、30分でしかも自動で終わってしまいました。私は自分で薬品を入れたり反応させるのかと思っていたのでこれほど簡単に合成出来る事には驚きました。 実際に行ったのは4量体の合成でしたが、もっと長くつなげることも可能だという事でした。また、学校などで習ったことのあるDNAを合成出来て大変面白かったです。構造式を描くソフトについても便利でした。
  • 今回と次回は生物化学研究室ににお世話になるという事だが、初めて名前を聞いたとき、生物化学とはなんだろうか、どんな研究をおこなっているのだろうかということが頭に浮かんだがDNAに関する研究をしているという説明を受けて、生体物質について化学的な研究をしている研究室なのかなと思った。今回の体験したことは、実際にDNAを合成するということである。しかも塩基配列を正確に合成することが出来る機械を扱うことができたので、とても貴重な体験が出来た。プリントに反応経路などが書かれていたけど少し難しそうだっだので家でゆっくり考えてみたい。次回はDNAの抽出などが体験できるということでとても楽しみである。
  • はじめて2号館に入って、生物化学の研究室で体験をさせて頂けるということで、どんな生物分野と関わりのある化学の研究を行っているのだろうと思っていると、DNAを研究しているということでした。 はじめにDNAの模型を見た後、実際にDNAを触りました。学校でDNAの抽出はしたことがありましたが、合成は初めてで、しかしその複雑な合成が、初めに準備をすると機械が勝手に行ってくれるということにとても驚きました。次回に合成物の確認をするということなので、自分が担当しているDNAがしっかり合成されていてほしいと思います。
  • 今回はDNAを作った。いきなり「DNAを作った。」と言っても、どういう事か分からないので、簡単に言うと、今回やったことは「5′-ACGT-3’」というDNAを作るのに、粉を入れて機械にかけて、アンモニア水を注入した。おそらく意味不明だと思うが、書いている自分もどのようなメカニズムか、あまりよくわかっていない。もう少し分かりやすく説明しようと思う。T(塩基)が付いたビーズ状のシリカの粉専用の容器に入れ、機械の中で反応を起こしてT,G,C,Aという順でDNAの塩基をつないでいく。その後ACGT塩基は二本鎖になっているのでアンモニア水で一本鎖になるのだ。後DNAの構造式(別にDNAだけのものではないが)これを描くソフトもつかわせてもらった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート