京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

化学

化学の2011年10月1日の内容はこちら

実習指導

坂東 俊和(生物化学研究室 准教授)

チューター

池端 桂一(修士課程1回生)、金里 脩平(理学部4回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部2号館517号室

実習内容

DNA固相合成装置を用いて、DNA6量体(5′-GCTAGC-3′)を化学合成する。得られたDNAは固相から切り出し、脱保護反応を経て生体内のものと同じ形に変換する。

合成装置への反応条件や目的配列のインプット合成装置への反応条件や目的配列のインプット

合成に用いる固相担体の秤量合成に用いる固相担体の秤量


合成の完了したカラムの取り外し
合成の完了したカラムの取り外し


受講生の感想

  • 今日はDNAの合成を行ったのですが、DNAを人工的に合成するというのは、私の中にまったくなかった考えで、とても驚きました。生物学の実験でしたが、DNAも化学物質なので、化学の知識なども次々と出てきて、やはり広い知識が必要なのだと思いました。説明もとてもかみくだいて下さり、とても分かりやすかったです。次回も今回の続きをやるということなので、大変楽しみです。
  • 今回は前とはちがって目に見えない実験をしました。人の遺伝子とはちがいましたが、DNAを合成することははじめてだったので、見えなかったが、自分のやっていることがちょっとすごいのかなと思いました。1つずつストッパー的なはたらきをしているものがあり、しっかりと、うまくいくようになっているんだなと思いました。一緒にいろいろなことを話しておもしろかったです。大学はただ、勉強とかをするだけではないんだなーとあらためて感じました。
  • 今回は、私にとって初めてのELCASだったので、少し不安でしたが、大学4回生と、院生の皆さんが、大変丁寧に教えて下さったので、よく理解できました。まだ学校で、有機化学を勉強し始めて間もないので、最初このDNAを作るんだよって言われた時は、「分からない・・!」と思ってました。でも皆さんの説明が、高校生の私でもすぐ理解できるくらい分かりやすかったので、DNAについてよく分かりました。今日は本当にありがとうございました。次回も楽しみです!
  • 今日の体験学習ではDNA(DNA配列 5′-GCTAGC-3’)を合成する実験をしました。まだ習ったことのないDNAの分野だったが、京大の先輩たちがわかりやすく、そして面白い解説をして頂いたので何となく理解することができました。特に、DNA合成機を使って実験をはじめて数分後オレンジの溶液が見えたのは、もともと固相の端についている保護するものを取り外す溶液を入れている、というのは興味を持ちました。また何故DNAが100個以上繋がらないのか、という先輩に対し、合成中欠落してしまった欠落体に次の遺伝子がいかないようキャッピングというものをするが、そのキャッピングによって全てがうめつくされてしまうので、と答えていた人がいてすごいなあと思いました。再来週もがんばりたいと思います。
  • 高1の時に学んだDNAのことについてより深く学習することができた。高2では生物を選択しておらず、理解できるかどうか不安だったが、担当の先輩 (特に池端さん) が分かりやすく説明してくれたのでかなり理解できたような気がする。これまでは有機・無機化学に興味を持っていたが、生化学にも興味を持つようになった。次の時は今日より多くのことを学べたらいいと思う。2時間だけであったが午前中学校に行っていたから、とても疲れた。
  • 遺伝子のことについて久々に触れました。自由につなげたり、思い通りにできると知ってビックリです。1つ1つを私達にも分かるように、かみ砕いて説明していただき、面白さを理解することができました。プリントもすごく分かりやすかったです。危険な時は「危険だから気をつけて」としっかり注意をしていただいたり、また、待ち時間の時は大学にまつわる話を面白く、楽しくしていただきました。ありがとうございました。
  • 2回目となった今回はDNAを合成するという実験をした。DNAといえばA,C,G,Tとリボースとリン酸が大量にごちゃごちゃに並んだもので、自由に並べて作るのは無理なのではないかと思っていた。しかしこの京大にはDNAの自動合成機があるということで、自由にDNAを組みたてることができるというのに驚いた。DNAを組みたてるのがプラモデルを作るようでとてもおもしろかった。
  • 今回の体験では、生物学の講演と、生命化学の実験を行わせていただきました。講演では昆虫達のもつ「光周性」について、わかりやすい例を用いて解説していただきました。昆虫が30年の間にも進化をしているということには驚きました。体験学習コースではDNAの合成を体験しました。大学の方達がとても楽しく、時には詳しく話をしてくれました。時間が短く、もっと聞きたいことがあったのですが話す暇がありませんでした。次回の体験が待ち遠しいです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート