京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

化学

  • 走査トンネル顕微鏡でみる分子の世界

第1回化学

日時

2012年 2月 4日(土) 

講師

奥山 弘 准教授

授業風景

授業風景

授業風景


受講生の感想

  • 今回の講演会の内容は、ちょうど今高校の授業で習っている単語がちらほら出てきて、興味を持てました。難しい内容でしたが、驚くことがたくさんあって面白かったです。ELCAS生としてオープンコアコースを受けるのは最後かもしれませんが、一般としてもまた来たいと思いました。ありがとうございました。
  • ELCASの授業で1度走査トンネル顕微鏡について学ぶ機会があったのですが、今回はより深く細かく知ることができてよかったです。STMの針の先端は原子1個分だということを聞いてとても驚きましたが、実際に見ると針の存在がちゃんと確認できて「どんなに小さいものでも存在しているんだなぁ」と当たり前のことですがすごく感動しました。いろいろ知ることができて、これからの化学の授業が楽しみになりました。ありがとうございました。
  • 顕微鏡の種類と測定の仕方を学べてよかった。
  • 顕微鏡というと見るためのものかと思ったが、それだけではなく物質を作ることもできるということに驚いた。分子レベルで見ると日常生活では考えにくい不思議な現象が起きることがわかった。ELCAS化学メンバーとして最後に化学の講義を受けられて良かったと思う。
  • あまり分子について深く考えたことはなかったので、とてもよい機会だったと思います。
  • 少し難しかったですが、分子の世界を見る事が出来るのは面白いと思います。建物が常に数十ヘルツで揺れているというのも、知りませんでした。STMについて教科書も見てみたいと思います。
  • 走査トンネル顕微鏡について名前だけ知っている程度だったので、非常に興味深かった。水の2量体、3量体については難しかった。
  • 難しい内容でしたが、興味深かったです。
  • 電波で分子を壊せる、動かせるというのはおもしろいと思いました。
  • H2Oの分子単位での振る舞いが分かってよかったです。ベンゼンが六角形であることを見るのには、相当な技術(AFM)が必要だということを知って驚きました。また、STMを使うには、ピエソ素子、細かな針、真空のポンプ、除振対策、液体Heといった、様々な条件が必要なのだなと感じました。
  • 生命のもと?となるたんぱく質とそれを使っての車の話がおもしろかった。針を使って電流をながして部員詩をみるという話の中で作業が細かくて大変そうだなと思った。
  • 全体的に少し難しかったです。STMを使うことによって分子を動かしたり、分解することができるということは初めて知ったのでとても面白かったです。「『分子』というとても小さいものを自分たちで動かしていく」というのは、他の色々な事ができそうで夢があると思いました。形の見えないものを研究していくのは、様々な他の知識を持つことが大切だと思いました。
  • 学校で化学の授業をやっていても、それは暗記や数値計算が殆どだったので、実際に原子レベルで形を見れて、化学の実感がわくようになった。
  • 数十Hzの振動や空気中のH2O、N2O2、温度が影響するなんて、思っていなかった。大学にはこんなに繊細な機械があると知ったので早く大学に入って使ってみたいと思った。STMは顕微鏡としてしか使われないとばかり思っていたが、より強い電流を流すことで、化学反応を起こしたり、H2Oの3量体を3つに分けたり、原子を移動させたり、さらにはH2O分子内の水素結合を切ったりできることには驚いた。分子モーターや分子素子など分子にはまだいろいろな可能性があることを感じた
  • 価電子の分布を反映して、物体の構造をみるというSTMの凄さを知った。走査トンネル顕微鏡の存在は知っていたが、”走査”という意味をしらなかったので、この機会で知ることができてよかった。新聞とか何らかの挿絵で原子文字の存在を知っていたが、、わずかな電流によって産み出されている芸術とは知らなかった。トンネル効果は量子力学で有名な効果であるけども、この講演を聞いて量子力学について学びたくなった。AFMによって感知する”力”はファンデルワーールス力でないことに驚いた。まだまだ量子力学の勉強が足りないなって実感した。
  • 二量体の方が三量体より不安定なのはトンネル効果で実証できることに感動した。共有結合力は高校では習いません。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート