京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

化学

化学の2015年11月21日の内容はこちら


実習指導

加納 太一  (有機合成化学研究室 准教授)

チューター

櫻井 舜也  (有機合成化学研究室)
原口 知之  (有機合成化学研究室)
本間 千裕  (有機合成化学研究室)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス 有機合成化学研究室

実習内容

本研究室では有機分子触媒を用いた不斉合成反応の研究を主として行っている。今回の実習では、その研究内容について説明し、その一部を体験してもらうため、有機分子触媒として近年報告されたプロリンや、その類似化合物を用いて不斉アルドール反応を行った。また、プロリンにおける反応では、触媒のキラリティーにより反応生成物のキラリティーが制御できることを確認した。

反応物と溶媒、触媒を試験管に入れ、反応を開始する
反応物と溶媒、触媒を試験管に入れ、反応を開始する

TLC(薄層クロマトグラフィー)によって反応の進行度を確認する
TLC(薄層クロマトグラフィー)によって反応の進行度を確認する

HPLC(高速液体クロマトグラフィー)によって生成物のキラリティーを確認する
HPLC(高速液体クロマトグラフィー)によって生成物のキラリティーを確認する


受講生の感想

  •  今回は、有機触媒の実験で、3つのグループに分かれ、その中で自分の担当のものを使って実験をして、自分のものの結果と他の人の結果を対比するので、少し緊張感を持って実験できたと思います。今回の実験から、似たような構造でも、働きが変わるということがわかり、細かい原理や、反応も学びたいと思いました。
  •  今回は、有機分子触媒について学ばせていただきましたが、最初パワーポイントで見たときは単純な分子構造だなと思っていましたが、その構造の中にもさまざまな性質を持った部分があって、それが結果にいろいろ影響したのが興味深かったです。有機化学はとてもおもしろい分野だとおもいました。
  •  塾で少しだけ有機化学を習っていたが、イメージがガラっと変わった。C,Hを省略した構造式がたくさんでてきた。暗記で面白くないと思っていたが、化学反応はまさにパズルで、ベンゼン環(?)などが、触媒にどのような影響を及ぼすか、どういうシステムで結合するかなど実験後の解説で納得できた。有機化学への勉強意欲が湧いた。
  •  今回の実験は、反応が目に見えて分かったのでとても楽しかったです。一度DMSOをこぼしてしまったのですが、研究室のみなさんが優しく気にしなくてもいいと言って下さったので、すごく嬉しかったです。今回ずっと教えてくださった方もとても優しくて、地元も同じだと言うことですごく気さくに話しかけてくださって、暇な時間もすごく楽しかったです。
  •  電車が遅れてしまって講義はきけなかったが、実験をしながら説明してくださり、何を測っているのかなんとなくだが理解できた。最後の結果も他のグループの人たちと共有して、反応させるためには電子を通しやすい五角形の構造と酢酸のセットだと分かり、初めにプリントを見たときは訳も分からなかったことが分かって嬉しかった。実際に実験室に入って大学生のように実験できて、将来のためにもとても良い経験になったと思う。ありがとうございました。
  •  有機分子を新しく作る時に、2つの物質を両方活性化させ、結びつけるようなものが触媒になるんだと分子構造から説明してもらえたのでわかりやすかった。金属の触媒だけでなく、有機の触媒もちゃんと機能するんだと理解できてよかった。
  •  前回の実習に比べて実験手順が多く、大変であったが、その各々について、その作業を行う理由なども詳しく教えてもらえたのでとてもたくさんの化学的知識を得ることができた。また、NMRなど貴重な器具・機材を実際に使用できたので、とても良い経験をすることができた。今回学んだ実験内容に限らず、物質の命名法や有機化学のおもしろみを忘れずに、しっかりと記録して、今後の学習に生かしていこうと思う。
  •  初めて見るような器具もあって面白かったです。有機化学はまだほとんどならっていないので、正直難しくて理解できないこともたくさんあったのですが、やっぱり実験をして結果を見るのは楽しかったです。いつも化学の教科書や資料集でみていただけだったことを実際にできたのも楽しかったです。
  •  本日は大変貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。テーマの反応についても学ぶことができただけでなく、その他のことについても、とても楽しく教えて下さって、様々なことに興味を持てた短い時間でした。とくに高校ではあまり見ない様々な器具をマジかに見ることができ、大学のスケールをまた感じてしまいました。本日は本当にありがとうございました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート