京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

化学

化学の2015年12月19日の内容はこちら



実習指導

金 賢得  (量子化学研究室 助教)

チューター

伊藤 広伸 (量子化学研究室)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス 理学研究科6号館158室

実習内容

1. 化学の世界でどのように計算化学的手法が活躍しているかを紹介した。
2. 量子化学計算について、その原理やできること・わかることの簡単な導入説明を行った。
3. 実際に各受講生が、自分の好きな分子で量子化学計算を行い、安定構造や電子の密度分布、HOMO/LUMOなどの電子構造の解析を行った。

量子化学計算に関する導入説明を行っている様子 1
量子化学計算に関する導入説明を行っている様子

実際に生徒さんたちが自分の好きな分子をデザインして量子計算を体験している様子2
実際に受講生たちが自分の好きなデザインして量子計算をしている様子1

実際に生徒さんたちが自分の好きな分子をデザインして量子計算を体験している様子3
実際に受講生たちが自分の好きなデザインして量子計算をしている様子2

実際に生徒さんたちが自分の好きな分子をデザインして量子計算を体験している様子
実際に受講生たちが自分の好きなデザインして量子計算をしている様子3


受講生の感想

  •  実際にコンピュータでの計算化学の仕方を教わり、分子の中の原子の移動や反応の仕方を知ることができて、すごいと思いました。
  •  テレビで見るだけだったシミュレーションを実際に体験することができて、自分たちの生活を支える物質を具体的に見れるようになった気がする。構造の最適化を行い、そのもとで初めて化学変化を見れることや、遷移状態から最適化構造に至るしくみが理解できた。
  •  高校では実験しかしないが、計算による手法のすごさに驚きました。実際に実験したわけではないのに、様々な分子の様子を知ることができ、こんなに興味深い分子構造の調べ方がある事に感動しました。
  •  最初、実験しないのは面白くないと思っていましたが、実際に体験してみると面白くわかりやすかった。化学でもこのようなシミュレーションを積極的に扱っていることを知り、驚いたし、そんな化学も良いな、と思った。
  •  全く実物の分子には触れなかったが、コンピュータでグラフィックに分子の振る舞いを確認できたので、反応機構などのイメージが湧いた。このような計算化学は、スパコンのような大規模設備が必要と思っていたので、今回ノートパソコンでも計算できたのが衝撃だった。化学は実験と理論の両方法が大事と実感できた。
  •  実際に実験しなくても、計算だけで結果が導き出せるのがすごいと思いました。安価ですぐにできるし、自分で作った分子を簡単に試せるので良いと思った。
  •  実験では色とか沈殿が見れるが、計算化学ではそのようなものがない分、原子がどのような動きをしてどのような構造になったかが観れて、そのようなものは普段見れないのですごいと思った。実験ではできなくても、理論的には計算することができるのは新しい可能性がたくさんあるな、と思った。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート