京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

地球温暖化問題の理学的基礎知識

  • 地球温暖化問題の理学的基礎知識

日時

2008年12月6日(土) 

講師

余田 成男教授


受講生の感想

  • 現代の科学で、地球温暖化を含めた気候変動をどのようにとらえようとしているかを知ることができ興味深い講座だった。
  • 地球全体を考える理学部的な視点で、地球温暖化について理解することができました。地学というと暗記のイメージが強いですが、最先端の研究では物理や数学を駆使していることも知りました。高校の地学にはない、数学的なおもしろさを感じることができたように思います。
  • 気象と物理学が関係しているというのは驚いた。
  • 今まで、地球の気候のことには、あまり興味を持っていなかったので、今月の講座は、若干ハードルが高かったのですが、良いきっかけを覚えました。現在、温暖化などの問題が騒がれていますが、自分でもしっかり勉強したいと思います。
  • 気象予報や温暖化予測のように、色々な要因がからんでくる問題を、どのように解ける形にするのか、興味があったのでおもしろかったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート