京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

地球環境学Ⅰ

地球環境学Ⅰの2016年2月6日の内容はこちら



実習指導

藤井 滋穂 (地球環境学堂藤井研究室 教授)
真常 仁志 (地球環境学堂藤井研究室 准教授)
坂本 陽介 (地球環境学堂藤井研究室 助教授)
鈴木 裕識 (地球環境学堂藤井研究室 特定助教授)

チューター

岸本 伊織 (人間環境学研究科梶井研究室 専攻)
伊東 賢介 (人間環境学研究科梶井研究室 専攻)
雪岡 聖 (工学研究科藤井研究室 専攻)
藤井 富秀  (総合人間学部梶井研究室 専攻)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス  総合研究5号館大講義室 

実習内容

3グループに分かれ、順繰りに過去3研究室で行った実験結果の議論と整理を行った。その後プレゼン方法について学び、パワーポイントを用いてグループ毎に資料作成を行った。

実験結果の振り返り
実験結果の振り返り

プレゼン作成レクチャー
プレゼン作成レクチャー

実験のディスカッションとパワーポイント作り
実験のディスカッションとパワーポイント作り


受講生の感想

  • 前の方は忘れている部分も多かったので、思い出せてよかったです。発表は、最も興味を惹かれたたい気分やの担当になりました。パソコンの扱いは慣れていませんが、学校でパワーポイントはよく作らされるので、頑張ってやりたいです。考察を深める機会になって、今日は勉強になりました。次回までにパワポの案をまとめて、発表に備えたいです。次の合宿が楽しみです!
  • 次回の発表に向けての実験結果の考察をしたが、思った以上に時間がかかってしまった。いろいろなアイデアが出たが、それをまとめて発表形式にするのは難しかった。家でも少し作業を進めて、次回の発表に向けていい準備をしていきたいと思う。
  • 改めて実験を振り返っていろいろなことを思い出しながら理解することができた。次回で半年続いたものが終わるが、いいスライドを作りいいプレゼン発表をして修了できるようにしたい。
  • パワーポイントを使うのも、実験の発表をするのもほぼ初めてなので、いろいろ不安ですが、TAの方々に助けて頂いたり、職人にいろいろアドバイスをしていただき、良い発表ができそうな気がしてきました。
  • 3つの実験のまとめの講義をもう一度聞くことができてよかったです。日にちが立っていて忘れている部分や、まだ理解が十分にできていなかったところを理解しなおすことができました。次の時までに、自分ができることをきちんとして臨もうと思います。
  • 後期6回分の体験を振り返り、忘れていた点も思い出せた。来れなかった回のことも知ることができたのでよかった。次回の発表に向けての準備が予想以上に難航した。
  • 実験内容をもとに考察していく中で、一人で考えた時には気づけなかったことや新たに学ぶことが多く、とても楽しかった。発表のパワーポイント作りの際、実験についていかに簡潔に、わかりやすくまとめることが難しいかを強く感じた。次回までに自分なりにまとめておきたい。発表頑張ります!
  • まとめればまとめるほど研究が楽しいなと思いました。土で発表するので資料集や先生からアドバイスをいただきながら考えることがとても楽しくて、また知識が繋がって理解が深まりました。研究成果をしっかり発表できるように準備をしていきたいと思いました。考察していくと専修コースにいきたいと思うようになって、残念さが募りましたが、自分が将来勉強したい分野を考えるのにもいい時間になりました。

平成27年度以前の
実施レポート

平成28年度以降の
実施レポート