京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

地球環境学Ⅰ

地球環境学Ⅰの2016年2月20日の内容はこちら



実習指導

藤井 滋穂 (地球環境学堂 教授)
舟川 晋也 (地球環境学堂 教授)
梶井 克純 (地球環境学堂 教授)
坂本 陽介 (地球環境学堂 助教)
鈴木 裕識 (地球環境学堂 特定助教)

チューター

雪岡 聖 (工学研究科)
藤井 富秀(総合人間学部)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス  総合研究5号館大講義室 

実習内容

前回に引き続き、水・土・大気班に分かれて合宿発表に向けたスライドづくりを行った。
その後、それぞれの班のスライドを統合して発表練習を行った。

土を知る実験班のプレゼン資料づくり
土を知る実験班のプレゼン資料づくり

大気を知る実験班のプレゼン資料づくり
大気を知る実験班のプレゼン資料づくり

水を知る実験班のプレゼン資料づくり
水を知る実験班のプレゼン資料づくり


受講生の感想

  •  明日に向けての発表準備をした。スライドを作成するのに時間がかかったが、最後に大まかに上手くまとめることができた。あとはホテルでまとめて、いい発表ができるようにしたい。
  •  パワーポイントの作成で、自分の編集力のなさが辛かった。教えてもらったおかげで、自分ではできないくらいにうまくできた。明日の発表も頑張りたい。
  •  プレゼンづくりは知っているつもりだったけれど、細かいコツをたくさん教えてもらえました。3分というのは意外と短くて、まとめるのが難しかったです。明日の発表で、上手に伝えられるよう頑張りたいです。ありがとうございました!!
  •  いいパワーポイントができたんじゃないかと思う。練習を重ねて有終の美を飾りたい。
  •  パワーポイントを作成する中で、何を伝えたいか、どのように伝えるのがよいのかを考えるのが大変だった。与えられている時間がとても短いため、情報を削るのが難しかった・・・。他のグループの発表を聞くことで、自分たちもどのように工夫できるかを考えることができた。まだ訂正する部分も多いので、今晩頑張りたい。よりよい発表をできるよう、力を尽くしたい!!
  •  パワーポイントで要点をしぼるという作業が意外と難しくて苦戦しました。学んだことを3分にまとめる時に結構余分なことを言っていたので無駄なく伝わるように今夜頑張りたいと思います。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート