京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

地球環境学

地球環境学の2015年2月7日の内容はこちら 

実習指導

梶井 克純  (地球環境学堂 教授)
田中 周平  (地球環境学堂 准教授)
渡邉 哲弘 (地球環境学堂 助教)

チューター

須々田 匠  (農学研究科研究科 修士1年)
渡辺 伸一  (同 修士1年)
友居 洋暁  (地球環境学堂 修士1年)
Pham Nguyet Anh  (同 研究員)
Tran Nguyen Quynh Anh  (同 博士2年)
井田 明  (同 修士1年)
藤井 富秀  (総合人間学部 学部3年)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス本部構内工学研究科土木工学教室本館

実習内容

第2,3,4回に行われた「大気を知る」実験、「土を知る」実験、「水を知る」実験について各自簡単にまとめてきてもらったレポートの添削及び解説を行った。 添削と解説は3グループに分かれ、各グループあたり40分ずつ順繰りで行われた。 その後、2/22に行われる実験報告発表会のために再度グループ分けし、発表における各スライド担当者の決定を行った。

説明に使った板書の一部
「水を知る」実験のExcelによるデータ整理

フェルマー数を使った証明の 説明をしています
「土を知る」実験を解説する渡辺助教

ユークリッドによる証明の 説明をしています
「大気を知る」実験を解説する井田研究員


受講生の感想

  • 自力だけではわからなかったところも丁寧に解説していただけて理解が深まりました。理解できたことにより興味が持てたので良かったです。発表に向けて自分でも勉強していきたいです。
  • 今日は、今までやった実験の復習をしました。細かい質問に丁寧に答えてくださった教授たちには感謝します。曖昧な理解が確かな理解になり、嬉しく思います。
  • 今までの実験のまとめだった。考察してきて、疑問に思ったことを質問して、返ってきた答えに納得出来たので良かった。自分は水のグループになった。水についての実験結果は誤差が大きくあったが、後から分かってきた誤差の原因が興味深いと感じた。Excelを用いて表をうまくつくり、分かりやすい、伝えられる発表を心がけたい。
  • 今までやってきた実験の考察・解説をしていただいて、理解を深めることができました。学校で習いたての化学の知識を駆使して、実験出来ましたし、参考書でしかやらなかった計算も実験で活用できてよかったです。3つの分野すべての発表をできないのは残念ですが、大気の分野で発表を頑張っていきたいです。
  • 今回はデータの整理だったのですが、「水」の話ではデータをグラフにするときの注意点を聞くことができてよかったです。最近、化学部で、壊れた計測器をなおしてデータをとろうとしているのですが、今回習ったことをいかして、おかしなデータには気をつけたいです。
  • これまでしてきた実験は、分からないところが多くあって、まとめることが出来なかったけれど、今日説明していただいて理解することができた。内容が分かると興味が沸いて、もっと知りたいと思った。また、パソコンでまとめる時の説明をしていただいて、大学にいったり、大人になってから必要になることだから、とても役に立つと思った。次回参加できないので、今回で最後となりました。ありがとうございました。
  • 今日は、3回の水、土、大気の講義実験などの結果の考察を行いました。どれも、よくわからなかったところなどを丁寧に教えていただいて、より知識が身に付きました。次回のプレゼンテーションで、実験のことやこの分野について、沢山の人におもしろいと思ってもらえるようなものにしたいです。
  • 3回の実験内容について詳しく教えてもらい、よく分からなくてもやもやしてた部分がすっきりしました。実験するだけではわからないところも雑談を交えて教えてもらい、楽しく学べてよかったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート