京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

地球

  • 2011年東北地方太平洋沖地震と南海トラフ巨大地震 -大地動乱・巨大地震の時代-

第2回地球

日時

2012年 10月 6日(土) 

講師

平原 和朗 教授 

概要

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9.0)は、岩手から茨城県沖に及ぶ広い震源域を約3分かけて破壊し、強震動、特に巨大津波を発生させ、多くの犠牲者と未曾有の東日本大震災をもたらしました。一方、西南日本では、1995年の阪神淡路大震災をもたらした兵庫県南部地震に引き続き、今世紀前半には南海トラフ巨大地震の発生が危惧されています。平安時代に仙台沖で発生した869年貞観地震は、今回の東北地方太平洋沖地震と匹敵する地震であったとされ、その18年後には887年仁和南海地震が発生し、大地動乱の時代であったようです。1100年後の今また、大地動乱の時代に我々は生きていると言えます。こういった超巨大地震:東北地方太平洋沖地震と南海トラフ巨大地震についてお話します。

授業風景

授業風景

授業風景


受講生の感想

  • 地震予測がここまで進んでいるとは知らなかった。今後、平原教授がおっしゃっていたように、地震対策を世界レベルで考えなければならないと思った。興味深いお話をありがとうございました。
  • こんなに地震が起こっているのに、まだ統計が足らないことに驚いた。地震対策の将来や地震学の今後と将来についても話されたのもよかった。
  • 地学は少し苦手で、中学の時の内容も完璧ではないが、今回の講演は興味深かった。アスペリティモデルなど、気になる点もたくさんあったので、また家で調べたいと思う。
  • 変位を微分すると速度になるというのは興味深かった。また、標本が少ない地震予知という学問は難しいと思った。
  • 地震の詳しい話をきけてよかった。普段の生活をしているだけではぜったいに知れないと思った。理論で捉えた世界とはまた違う面白さがあると感じた。
  • 地学は、地震国日本に住んでいながら疎遠で、あまり詳しくは知らなかったので、先端技術でそれほどまでに地震の解析が進んでいるとは驚きでした。ありがとうございました。
  • 地震がこれほど次々に起こるとは知らなかった・・・。東京タワーとかやばい気が・・・。それなのになぜ倒れないのか不思議だ。
  • 地震の予測は興味深いけれどとても難しい分野だと分かりました。
  • 地震について前から興味があり、さらに新しいこともわかったのでよかった。南海地震が2034年?ぐらいにおきるとピンポイントでわかってるのはすごいと思った。
  • 地震の予測ができそうでできないのがなかなか難しいですね。
  • 日本でも起こり、東北地方をボロボロにした”地震”についてもう少し詳しく知ってみたいと思いました。
  • 地震が来ると怖いなあと思う。緊急地震速報はすごく画期的だと思う。
  • 日本に住んでいたら地震に身近なことなので興味深かったです。
  • 地震は身近なものなのでとても興味深かったです。南海地震などにそなえておくことが大切だなと思いました。
  • 具体的に地震への対策を考えていく必要があると思った。
  • 地震についてあまり考えたことがありませんでしたが、とても興味深いと思いました。
  • 難しかったですが、すごく身近な問題だし興味深かったです。地震のような自然災害は予測できないし、人間はどうすることもできません。でも、その自然災害に、どうした気持ち・動きで対処するかが大切なのだと思いました。地震での死者は、昔は、火事などの理由が多かったようだけど、今は、建物の下敷きになる人が多いのだそうだ。予測の研究も大切だと思うけど、高層ビルを
    減らすなどのことも、被害軽減になるのでは?
  • まだ、自分の身体で巨大地震を体験したことがないので、分からないことだらけですが、自分が生きている間に必ず体験するだろうとおっしゃっていたので、少し怖いです・・・。地震が起きるのはあまり嬉しいことではないから、予測技術がもっと発展すればいいなと思いました。
  • 東北での地震のあと、予測は可能か、とか、地震に関する色々な情報、また次の地震の予測などたくさん見たり、聞いたりするようになりました。今回の講演はそういう情報がどうやって得られたのかを知ることができました。予測より免震の方が実現可能性が高いということはよく分かりました。すごく興味をひかれる講演でした。
  • 地震を身近なものに感じ、もし地震が起きたらどうすればよいのかということも考えさせられました。
  • 南海トラフの地震については、小学生くらいの頃から聞いたことがあり、近々発生するということだったので、今回、その地震の仕組みなど聞くことができたので良かったです。最近は、地震が多く発生しているので、怖いと思いました。
  • 事前に対策がとれなかった、今までの地震を教訓にしたものが地震学で、いろいろなことが判明していることが分かった。
  • 興味深かった。地震学はまだまだ未開な分野だと分かった。
  • 地震に関する基本的なことから、現在世界が直面している問題まで分かりやすい話だった。学問は数年の間に大きく変動することもわかった地震学がおもしろそうだと思った。
  • 南海トラフ地震という、今一番熱い話題について、詳しく理解することができ、面白かったです。ありがとうございました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート