京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

天文

天文の2010年3月6日の内容はこちら

実習指導

柴田 一成(教授)

チューター

西田 圭佑(研究員)
西島 豪宏(修士1回生)
川井大輔(学部1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部一号館531号室

実習内容

前回やったことを基礎にしてfortran95を用いて数値シミュレーションをした。 生徒数が少なかったのでチューターと柴田教授が生徒の隣につき、途中 西田氏の全体への説明を挟みつつ、マンツーマンの指導を行った。 初めに、重力がある場合での垂直投射をシミュレーションし、gnuplotを用いてグラフにした。 次に、座標を二次元にして斜方投射を扱った。投射角度を変化させた複数のグラフをgnuplotを用いて重ねて表示させた。

fortranの使用法の説明
fortranの使用法の説明

生徒の隣にチューターがつく
生徒の隣にチューターがつく


前回の復習をしつつ実習開始
前回の復習をしつつ実習開始


受講生の感想

  • すごく難しかったです。
    たくさん足を引っ張ってしまい申し訳ありません。
    それなのに親切に何度も教えて下さりありがとうございました。
    物理を履修していないので難しいですが、何とかついていきたいと思います。
    プログラムはすぐエラーが出ますがその分成功してグラフが書けた時はうれしかったです。 

   

  • シュミレーションがうまくいった時は感動した。
    パソコンばかり見続けていると目が悪くなりそうだが、前に天体観測をした時にずいぶん目に良かった気がするので おあいこだと思う。
    今やっていることが天文分野にどうつながっていくのか楽しみ。
  • だんだんとプログラムが複雑になって面白くなってきた。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート