京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

天文

天文の2010年1月9日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

前原裕之(研究員)
田中淳平(M1)

ボランティア

なし

実施場所

花山天文台

実習内容

前回までに解析したスペクトルデータについて、分光標準星を使って強度補正を行った。補正後のデータと黒体放射のスペクトルを比較し、それぞれの星の温度を求めた。

さまざまな温度の黒体放射のスペクトルと観測で得られたスペクトルの比較
さまざまな温度の黒体放射のスペクトルと観測で得られたスペクトルの比較

IRAFでスペクトルデータの強度補正を行っているところ
IRAFでスペクトルデータの強度補正を行っているところ


 観測と黒体放射のスペクトルがよく一致した
観測と黒体放射のスペクトルがよく一致した


受講生の感想

  • 今日は割と簡単な作業だった。
  • 今日でスペクトルの解析が終わった。パソコンが難しかったけど、まぁまぁ楽しかった。

   

  • コンピュータを使った実習は、今までの会はよくわからないことが多かったが、今回は何をしたらいいのかよくわかった上で行えたので、やっていて楽しかった。 意味を理解しながらパソコンを扱えるようになりたいと思う。
  • 今回の強度補正は興味深い内容だった。
    細かく補正をしていくことはなかなかしんどかったが、結構ぴったり合った時は感動した。
    このような地道な作業の上に現在の天文学が支えられているのだと考えると、やはり学者というものはすごいと思った。
  • 今日はスペクトルの強度補正をしました。
    パソコンの作業は割と簡単で、今日はいつもより理解できたので楽しかったです。
    グラフにぴったり合った時は、思わずおおーっと言ってしまいました。
    楽しかったです。
  • 今日のパソコンの作業は打つことが少なく以前よりよくわかった。
    グラフを作ってどのくらいの温度かを推定した。
    天文の観測にはいろいろ補正しなければいけないことを知り、グラフを作成したり考察したりするのにパソコンは欠かせないものだと思った。
  • パソコンでやる作業の概念がやや難しかった。
    明るいと青白く、暗いと赤っぽくなるというのは知っていたけれど、グラフの数値などが入ってくるとややこしかった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート