京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

天文

天文の2009年11月7日の内容はこちら

実習指導

野上大作助教

チューター

前原裕之 (研究員)
田中淳平(修士課程2回生)

ボランティア

なし

実施場所

花山天文台

実習内容

第2回実習時に撮影した天体のスペクトルデータの解析を花山天文台の計算機を用いて行った。今回の実習では、カシオペヤ座γ星のスペクトルを撮影した2次元画像から、波長方向のみの1次元データに変換し、スペクトルのグラフを作成して形状を調べた。

スペクトルの解析手順の概要を説明
スペクトルの解析手順の概要を説明


 スペクトルの解析手順を確認
スペクトルの解析手順を確認


 計算機を使った実習中の様子
計算機を使った実習中の様子


受講生の感想

  • 色々な人と知り合えて楽しかった。
  • ひたすらパソコンで… エラーが出た時はショックでした。いつかスラスラしたいなーと思いました。 グラフはきれいに出たのでよかったです。

   

  • 7日:スペクトルのデータ解析は難しく、何度もエラーになったけど、楽しかった。 観望会では木星を見た。4つの衛星はもちろん、木製の縞模様もちゃんと見えた。 前に見たときよりもよく見えたのでよかった。
    8日:プレゼンテーションの作成が難しかった。何を書けばいいのかわからなくて…。 シーロスタット望遠鏡や分光器を見て、(前も見たけれど)やっぱりすごかった。 分光器で見える虹はとてもキレイだった。 観望会では木星を見た。4つの衛星はもちろん、木製の縞模様もちゃんと見えた。前に見たときよりもよく見えたのでよかった。

  

  • 天文について:パソコンが難しかった。もっとちゃんと理解できるようになりたい。 全体について:最初プレゼンテーションは面倒でいやだなと思っていたが、終わってみると逆に他の人の発表が聞けて良かった。 自分の発表は反省点がいっぱいある。もっとちゃんと準備しておきたかったが、まとめきれなかったこともたくさんあった。 宿泊は少し疲れたが貴重な体験だったと思う。
  • 初めての前提合宿で、いろいろな分野の人が面白い事に興味を持っていたり、すごいことに挑戦しようとしているのを知って、とても驚いた。 自分もこれからは様々なイベントに参加して、科学関係の経験を積んでいきたいと思った。
  • 全体での宿泊研修ということで、ほかの分野の人とも交流を深めることができました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート