京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

天文

天文の2009年9月5日の内容はこちら

実習指導

柴田一成教授
野上大作助教

チューター

前原裕之 (研究員)
田中淳平(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部1号館

実習内容

自己紹介と各生徒がどういった事に興味をもって応募したのかを調査した。また、今年度どういった観測、解析を行っていくのか、どういう流れで進めていくのかを昨年度に行った具体的な研究例などを交えて伝えた。

実習内容の具体的な説明をしているところ
実習内容の具体的な説明をしているところ

昨年度の実習の内容の説明
昨年度の実習の内容の説明


天体について具体的に例を出して説明しているところ
天体について具体的に例を出して
説明しているところ


受講生の感想

  • 一番、最初の学習講座ということで、ついていけるか不安だったが、
    オープンコアではわかりやすい説明で良かった。数学の講義は難しかった。
  • 天体観測やシミュレーションなどをするみたいなので、とてもわくわくしています。
  • 凄く興味深い内容でと思った。
    昔から天文には興味があったので早く体験や観測をしてみたい。
    メンバーも面白い人たちなので、充実した期間を送れそう。
  • どんなことをやるのか楽しみになりましたが、よくわからない面もあった。
    観測は楽しみですが、不安もある。星や宇宙のことをたくさん知りたいです。この体験学習を受講できて非常に良かった。用語や概念等を理解できるよう努力したい。
  • 宇宙は、初め水素とヘリウムからできていたと聞いて驚いた。
  • 知っている話だったが、復習ができて良かった。
  • 今日は、これからやる事を説明してもらいましたが、難しかったです。自分にできるのか不安だけど、精一杯頑張りたい。太陽や星を観測するのは楽しみなので、頑張りたい。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート