京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

天文

天文の2009年3月7日の内容はこちら

実習指導

柴田一成 教授
加藤精一非常勤講師
野上大作助教

チューター

西田圭佑(博士課程3回生)
松本琢磨(博士課程2回生)

ボランティア

なし

実施場所

花山天文台本館図書館

実習内容

まず前回の復習として、柴田教授からニュートンの運動方程式についての説明がなされた。次に加藤講師により、ボールの投げ上げ運動を数値的に解く方法についての講義と実習が行われた。講義では一定重力下でのボールの運動方程式を導出し、差分化を行った。実習ではEuler法によって微分方程式を数値積分し、ボールの軌跡を求めた。

運動方程式の説明
運動方程式の説明


 ボールの投げ上げ運動について
ボールの投げ上げ運動について


実習風景
実習風景


受講生の感想

  • 今日は前回使用したFortranという言語のプログラミングの続きをした。物体の放物運動に登場する微分方程式をオイラー法、修正オイラー法を用いて計算をさせグラフ化するというもので とても楽しかった。原理的にはオイラー法は積分の区分求積と同じもので簡単なものだが、実際にプログラミングするのは変数の設定などが面倒で少し大変だった。
  • 今まで高校の知識を実際に使ったことはなかったが、実際にパソコンを使って行うとこうも違うのかと驚いた。活動中にはあまり理解できていなかったが、次回までに使いこなせるようにしたい。
  • 微分積分やベクトル、力学など、はじめて習うことも多くてついていけるか不安でしたが、先生が一対一で教えてくださって微分方程式を展開する方法やフォートランの操作にも少し慣れることができました。次回はもっと予習してスラスラ使えるようにしたいです。
  • 今日初めて、プログラミングというものを触ったのですが、とても難しく感じました。でも、このfortran90というソフトを使えば、人の手では時間がとてもかかるものが一瞬でできるので、とても便利なものだなと思いました。また、できればこのソフトの使い方を覚えていろいろなものを試してみたいと思います。
  • ソフトのインストールから始めたので、みんなに遅れをとってしまった。まだまだパソコンの使い方にもなれていないので、実験内容とソフトの使い方の両方を理解しなければならなかったので、とても大変だった。
  • 修正オイラー法を使うと、オイラー法を使った時よりもけっこう正確な値がでた。分からなかったところは先生がすぐに教えてくれたのでよかった。けど、目がイターい。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート