京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

宇宙地球

宇宙地球の2014年1月25日の内容はこちら

実習指導

平田 岳史(地球惑星科学専攻 教授)

チューター

なし

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科1号館 151号室

実習内容

前回の実習では太陽系46億年の歴史を解読する上で隕石がなぜ重要なのか、情報を引き出すためにはいかに最先端の分析技術が必要となるかを講義した。今回は、太陽系や地球の進化の歴史を解読する上で重要な「隕石」を化学的により鑑定する実験(2回分の1回目)を行った。実験にさきがけ、化学反応を用いた隕石鑑定の原理を講義(理学研究科1号館466号室)した。講義に続き、実際の隕石を各人に配布し実験に入った。実験では隕石試料を塩酸を用いて分解・溶液化処理を行った。分解後、MIBKを用いた溶媒抽出法により主要妨害元素となる鉄を分離・除去した。わずかに残存する鉄の反応性を抑えるためにマスク剤(酒石酸)を加えた後、アンモニアにより中和した。しばらく静置させるため、続きは次回の実習(2月1日)に行う。

 実習は研究室のクリーンルーム(無塵室)にて行った。参加した生徒全員がクリーンルーム用白衣を着用し、各人が実験を行った。内容的に難しい実験であったが、誰も失敗することなく操作を終えることができた。クリーンルームに人が入ると、クリーン度が下がることがわかり、汚染源が操作者であることを実感できたと思う。また実験の合間に、研究室を案内し最先端の分析機器を紹介した。今回も休憩なしで実習を行ったが、参加者の集中力は途絶えることはなく、熱心に実習を行っていた。

化学操作により鉄を除去する様子
化学操作により鉄を除去する様子

実験にさきがけ、化学反応を用いた隕石鑑定の原理を説明
実験にさきがけ、化学反応を用いた隕石鑑定の原理を説明


ドラフト内で酸を使って隕石を分析する様子
ドラフト内で酸を使って隕石を分析する様子


受講生の感想

  • 今日は前々から楽しみにしていた隕石鑑定を行った。生まれてはじめて隕石を実際に手にしたので、とても興奮した。手の中にある小さな隕石のカケラが、はるか昔にできたものなのだと考えると、宇宙のスケールの大きさにあらためて感動した。また、研究室も見学させていただき、とても貴重な経験ができました。次回の実験も楽しみにしています。
  • 今日は隕石が陽性か陰性かを調べる実験を途中までやりました。具体的には、隕石を塩酸で溶かしたりして、ニッケルを見つけるというものでした。また講義では、地球内部のことについて学び、地球にはニッケルがかなり少なく、隕石にはニッケルが多く含まれているので、価値のあるものだなとあらためて思いました。次回は、実験の続きをやるようなので、しっかりと陽性が出るようにがんばりたいと思います。
  • 今日は、どうやって隕石と地球上にある普通の石を区別するのかということから、実際に隕石を使ってした実験まで、とても幅広くやらせていただき、とても充実したものになりました。特に印象に残ったのが隕石から、通常の地球にある岩石には存在しないニッケルを取り出すというもので、普段高校で行うような実験とは違っていて、とても興味深いものでした。普段経験することのできないような実験をすることもでき、隕石というものについても理解を深めることのできた、とても充実した時間になったと思います。
  • 今日は、隕石かどうか調べる鑑定をしました。クリーンルームに入って実験をしました。最先端科学の事をさせてもらいとても楽しかったです。隕石を塩酸で分解させ、加熱で促進して1時間。残ったのは少量の炭素。このことから地球の核にも炭素があることが考えられているそうです。それから、MIBK(メチルイソブチルケトン)で鉄とNiを分解してNiだけが残るようにしました。様々な実験器具を使いステキナ体験ができました。来週も続きをやるので楽しみです。
  • 本日は、化学的手法を用いた隕石鑑定を行った。非常に繊細な作業かと思っていたが、丁寧にやればなんとかなるし、学校でもやろうと思えばできる内容だそうだ。器具自体もそう物珍しいものではなかったが、見たことも無いような機器も使い、それに囲まれながらのクリーンルームでの作業は新鮮なものだった。今回は全て終わらず、次回、今回の実験の続きをし、そして、もう一つ軽く実験するそうなので、非常にたのしみです。
  • 展示されている隕石を見る事はよくありましたが、実際に触ったのは初めてでした。カットされていたこともあり、岩石というより金属のような質感で、とても驚きました。また、地球上の石と似たようなしま模様があったものの、その隕石の模様は地球上ではつくれないということに感動しました。
  • MIBKは鉄を吸収し、下から黄色、透明だったものを透明、黄色の順に帰るというのはとても興味深かったです。とても小さな隕石に塩酸などの様々な薬品を加えるといろんなおもしろい反応が起こって、すごいと思いました。体験学習が始まってからの初めての実験でとても楽しく、次回の実験の続きがとても楽しみです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート