京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

宇宙地球

宇宙地球の2012年12月1日の内容はこちら

実習指導

西 憲敬(物理気候学教室 助教)

チューター

なし

ボランティア

河野 太郎(修士課程 1回生)

実施場所

理学部1号館 462号室

実習内容

最初にExcelの使い方を簡単に説明し、その後は担当講師やチューターが巡回して質問に答えながら、学生自身が解析を行った。

解析は、気象庁によって観測された京都と潮岬の過去約100年分の気温データグラフを描いたり、年変化を比較したりした。

いくつかグラフを描きながら、京都の気温変化は夏と冬で様子が違うのかや、京都と潮岬の違いの原因は何なのかといったことを考察した。

Excelでの実習風景Excelでの実習風景

気象庁の今日の天気についての解説気象庁の今日の天気についての解説


潮岬と京都の2月の気温変化の作成潮岬と京都の2月の気温変化の作成


受講生の感想

  • Excelが難しい。将来これなくしては生きていけないとはやってられない。だが、まとめ終わって見直すととても見やすかった。色々とアドバイスをしてもらって助かった。
  • Excelはとても難しいけど、とても便利だと思った。地球温暖化の分析をしてみて京都は都市化が進んでいるのだと思った。
  • Excelの使い方をあまり知らなかったので、今回のことでExcelの使い方を知れてよかったと思いました。また、結構パソコンも面白くデータを整理するのが楽しかったです。
  • 今日の実習はExcelで地球温暖化に関してデータ処理をしました。京都と和歌山では平年値の増え方が極端に異なり、肌ではわからない地球温暖化について知ることができました。あと二回楽しみです。
  • 今日はExcelを使って気温の変化をまとめました。初めはExcelの使い方が全く分からずに苦労しましたが、先生に教えていただいて、何とかグラフにまとめるところまでできるようになりました。結局、課題は全部終わらなかったのですが、前半の課題だけでも京都の気温が上昇していることが分かり、温暖化に興味を持ちました。データを家に持ち帰り続きをやってみたいです。
  • EXCELがすごいむずかしかったです。これからは学校の技術の授業もちゃんと聞かないといけないと思いました。それと、今月は潮岬の冬が暖かいということもわかりました。おじいさんになったら、冬は暖かい所に住みたいな。地球温暖化はまだ、僕たちが肌で感じられるレベルにはなってないけど、意識していきます。
  • 今日のexcelを使った実習で、京都と潮岬の平均気温のグラフを作成することで、「都市化」が本当に進行しているのが少しわかったような気がしました。
  • 今日はexcelを使って気温の平均を出したりグラフを作ったりしました。割とパソコンは使う方ですが、Excelは久しぶりだったので全然覚えていないところもあったりして、作成に時間がかかりました。温暖化については、よく調べたりしましたが実際気温を見るということはあまりなかったので、よい経験になりました。ありがとうございました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート