京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

宇宙地球

宇宙地球の2012年1月21日の内容はこちら

実習指導

余田 成男 (気象学研究室 教授)

チューター

竹下 愛実(修士課程2年)
櫻井 佳世(修士課程2年)

ボランティア

なし

実施場所

理学部1号館642号室

実習内容

気象学の基礎的な内容に触れ、さらに現在社会的な関心の高い地球温暖化の諸問題について考えた。
まず、スライドによる講義を通して、気象観測の手法や、地球の熱収支、カオス、予測することの難しさなどについて、学習した。
その後、地球の気候において重要な放射過程について、身近な道具を用いた簡単な実験で、赤外放射の性質を実感した。
また、気候予測の難しさをもたらす要因の一つであるカオス理論について、電卓を用いた実習で実際に手を動かしながら理解した。

球の温度や風をどうやって観測するのか?赤外線を使うと、夜でも雲が見える!
球の温度や風をどうやって観測するのか?赤外線を使うと、夜でも雲が見える!

私たちの生活に関係ある気象は、宇宙の中で、地球の中でどのくらいの大きさ・長さなのか?宇宙と地球のスケールを感じた。
私たちの生活に関係ある気象は、宇宙の中で、地球の中でどのくらいの大きさ・長さなのか?宇宙と地球のスケールを感じた。


みんなで電卓で実験した結果を見て、カオスの本質に迫る。
みんなで電卓で実験した結果を見て、カオスの本質に迫る。


受講生の感想

  • 今日は、地球温暖化や天気予報の誤差のお話などをしていただきました。温室効果の話では、フライパン・コンロ・透明ガラスを使い、赤外線放射を体感しました。少しは知っていたけど、体感することでその効果をはっきり感じました。また、電卓カオス実験を行い、異なる電卓を使うと、50回目くらいの計算で使用する電卓によって全然違う数字が出ることに驚きました。
  • ボルツマン方程式や黒体放射、そして地球温暖化について、今まで知らなかった様々なことを教えてもらいました。熱したフライパンに手をかざすときに、ガラス板を間に入れると熱さを感じなくなったことに驚きました。また、電卓を使ったカオスの実験で、カオスについてよくわかりました。難しい数学用語もたくさん出てきたので、調べようと思います。残り2回で修了合宿と聞いて淋しいですが、残り2回は今回の内容に関連することらしいので、しっかりと復習して臨もうと思います。カオス実験は、家でもやってみようと思います。
  • 夏休みから始まって、あっという間に修了合宿もまじかになってしまったなぁと思っています。もっともっとELCASで体験したいです。今回の体験学習は、「地球」がテーマでした。「地球」を考えるために、数学や自然災害、惑星の研究者とともに考えないとシミュレーションができないんだなぁと思いました。「カオス」も初めて聞いた話で、電卓で計算して答えがだんだん変わっていくなんて面白かったです。その「カオス」が気候予測にう役立っているというところから、天気予報が当たらない理由がわかった気がします。色々な分野が合わされあないと解明できないのが「気候」の分野なのかなぁと思いました。まだまだわからないことの多い分野なので、どんどん研究が進んでいくとまた新しい大発見があるんだなぁと思いました。
  • 今回の体験学習コースの内容は、今までの体験学習コースにはなかった、地球温暖化についての内容で、面白かったです。地球温暖化といえば、最近いろんなところで耳にします。ですが、今回教わったような、細かい現状は初めて知りました。たとえば、北極の氷が溶けて海面が上方しているという話はよく聞きますが、10年で1割ということは、単純計算で100年ですべての北極の氷が溶けてしまうということです。この事実に、私は驚きと同時に危機感を感じました。地球温暖化問題は、私が思っているよりも大変なことでした。これから、環境問題について、今日教わったことも含めてよく考えていきたいと思います。
  • 今日は地球科学について学びました。気象予報をどうやってするかやその予報が外れる理由などを勉強しました。授業の後半で「カオス」を実証する、ということをしましたが、同じ計算を電卓で50回繰り替えして他の人との誤差を出すのはかなり地道で根気のいる作業でした。でもExcelで最後にその値のグラフを書くと、最初の方のわずかなズレが最後に大きな差をなって表れる「カオス」を自分の目で確かめることができたのでよかったです。私たちの実験でさえ最初の小さい小さいズレが最後に何桁もの大きなズレになってしまうのだから、1週間先の天気を予報する気象予報が外れるのはしょうがないなぁとも思いました。明日から予報が外れても「カオスだから」と温かい目で見ようと思います。
  • 今日の体験学習コースは、知っているつもりで知らなかった地球温暖化についてでした。今までは、その概要は何となく知っていても、その詳しいメカニズムは知りませんでした。よく、テレビ等で、地球温暖化がこのまま進行すると、気候が変動してしまうのではないかという報道がありますが、それについての根拠について理解を深めることができました。また、毎日見ている気象情報も、自ら電卓で計算して他の人と全然違う結果になったように、先の方の天気を予測すればするほど値が違ってくるということがわかりました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート