京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

宇宙地球

宇宙地球の2011年10月1日の内容はこちら

実習指導

三宅 亮 (鉱物学講座 准教授)

チューター

浅野 宏幸(修士課程1回生)、久保田 佐綾(修士課程2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部1号館055,062,063号室

実習内容

受講生には鉱物を実際に手に取って見てもらい、実習でその鉱物が電子顕微鏡レベルではどのように見えるのか体験してもらった。具体的には、走査型電子顕微鏡とエネルギー分散型X線マイクロアナライザーを実際に操作してもらい、長石やそれに含まれる鉱物の組織観察と化学組成の分析を行った。

また、研究室所有の走査型電子顕微鏡、透過型電子顕微鏡、集束イオンビームなどの装置を実際に見学してもらい、研究例をまじえた解説も行なった。

走査電子顕微鏡での組織観察走査電子顕微鏡での組織観察

担当教員による分析装置のレクチャー担当教員による分析装置のレクチャー


みんな真剣に取り組んでいました
みんな真剣に取り組んでいました

得られたデータから化学組成を解析
得られたデータから化学組成を解析


受講生の感想

  • 今日の体験学習コースは、前回の月のクレーター年代学の講義とは違い、機械の故障等もあって、講師の先生方としゃべる機会が沢山あったのがよかったです。本来聞くべき講義は聞けなくて残念ですが、また違ったことをいろいろ時間たっぷりの中で聞けて良かったです。鉱物についてはもともと興味があったので、とても面白かったです。また、それを観察するために大きな電顕を用いていることにとてもびっくりしました。
  • 鉱物についてはしっかり学んだことがなくて、どのようなことを研究しているのか想像もつかなかったのですが、今日研究室に入ることができてその一端を知れてよかったです。数の単位が「ナノ」とか「ピコ」とか小さい小さい世界で、こんな日頃絶対に使わない単位を顕微鏡を使うと身近に感じれて驚きました。長石やいろんな石、そこらにある石も調べるとどんどん奥が深くなっていくことがとても面白かったです。成分解析が一番印象に残りました。チタンの成分がグラフに出てきて、自分で「これはチタンだ」と見つけた時は小さな感動を覚えました。新しい世界を知れて本当によかったし、面白くて充実した2時間(以上)でした。ありがとうございました。
  • 石の勉強とかは学校でしないのでおもしろかった。特に石の化学組成は少し違うだけで見た目がすごく変わったり、性質が変わったりすることにすごく興味が持てた。また、そこからできたときの場所とか状況が分かるのは楽しそうだと思った。あと、今回はミクロンやナノスケールの画像をたくさん見してもらい、なんでこんな形になるんだろーとかなぞがいっぱいだった。それを観察する機械もすごい。研究室とかは専門的なものがたくさんあって大学のすごさを感じた。今回のは実習以外に先生と話す機会が多かったのですが、知識の量の多さにも驚いたし、やっぱ大学ってたのしそーだなと実際の大学生活を想像でき、楽しかった。あと、もちろんって感じなのですが、この分野は化学など他の分野の知識が必要そうだというのをすごく実感した。今回の講義は化学で知っておかねばならない基本事項がたくさん言葉ででてきたので、これから化学など他の理科も将来のために更にがんばろうと思った。
  • 今回の体験学習では、装置が壊れてしまうというトラブルがあったものの、楽しませてもらいました。様々な装置を見せてもらったりして、とても面白かったです。今までの人生で全然触れたことのないような研究をされている方にたくさんお話を聞かせてもらいました。今回は、全体的に小さなものに関して色々なことをさせてもらい、いろんな発見がありました。ありがとうございました。
  • ナノメートルや、マイクロメートルという単位は理科の授業で聞いていたのですが、大きさが小さすぎて聞いても解らなかったので今日実際に30マイクロメートルの厚さを直にさわれて大きさの雰囲気が知れてよかったです。
    透過型顕微鏡を操作できなかったのが残念でした。実験器具をたくさん見れたことと、質問をたくさんして、生の声を聞けたことがとてもうれしかったです。
  • 電子顕微鏡というものを初めて触れることができて、よかったです。先生は雑談、と言われてましたが、そういった話でより深く理解することが出来ました。
    鉱物の成分をスペクトル分析することができる、という話は聞いたことがありましたが、実際にやってみることができて、よかったです。
  • 透過型電子顕微鏡を見せてもらった。思っていたよりも大きかっったけど、試料はとても小さく、セットするのが大変そうだった。
    また、走査型電子顕微鏡を使い、鉱物の成分等もパソコンを使って調べさせたりさせてもらった。初めての経験だったので、とても楽しかった。次に機会があれば、透過型電子顕微鏡も、さわらせてもらいたいです

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート