京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2014年2月1日の内容はこちら

実習指導

吉川 謙一(数学教室 教授)
川口 周 (数学教室 准教授)

チューター

石川 勲(修士課程 2回生)

ボランティア

横田 真秀(博士課程 1回生)

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

今日はChapter 25, Section 2をやった。Section 2の定理は主張としては非常に素朴なものであり、鳩ノ巣原理によって証明されるが、その方法はとても興味深いものであった。鳩ノ巣原理自体はとても当たり前と思えるようなことであるが、多くの非自明な結果が導かれるのでとても面白い。最後は合宿で行う発表の準備を行った。

発表の様子。
発表の様子。


受講生の感想

  • 今日はチャプター13のコーシーの剛性定理の証明が終わりました。今日はおもしろい話が多く、勉強になりました。次回の担当の範囲をがんばりたいです。
  • ~最初化学の安藤先生のお話~化学は身の回りの物質についての分野だと思っていたけれど、今では光合成や呼吸など生きた分野の中にも入っているのだなあと驚きました。原子や分子の粒子性や波動性についても大分わかってるんですね…!~数学~次回の発表に向けての役割分担がスムーズにできてよかったです。他の分野の人に向けて発表って緊張する…。前発表した時よりしっかりと発表できるように復習しておこう…!!
  • 最終回までずっと楽しくて普通なコメントになりました。
  • 鳩の巣原理の章をやった。次回合宿なのでテーマを決めた。しっかり準備して本番のプレゼンに備えたい。
  • 今日の前半は鳩の巣原理についてだった。ELCASの試験問題の話も出てきてなつかしかった。合宿でやる内容がようやく決定した。発表を担当したChapterではないので、次回辛い思いをしないために2週間で勉強し直そうと思う。
  • 今日は実質最後の実習で、自分が発表することがなっていたのでよかったです。次の発表に向けて読み直す必要がありそうで頑張ります。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート