京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2016年2月6日の内容はこちら



実習指導

池田保 (教授)
塩田隆比呂 (准教授)

チューター

佐藤信夫 (池田研究室 専攻)
鈴木美裕  (池田研究室 専攻)
堀永周司 (池田研究室 専攻)

ボランティア

なし

実施場所

北部キャンパス  理学部6号館609号室 

実習内容

1、平面グラフに関するEuler の公式
2、発表用の資料作成

高校生による発表の様子
高校生による発表の様子

資料作成の様子
資料作成の様子

発表練習の様子PC
発表練習の様子PC


受講生の感想

  • PCをほとんど使わないのでTEXの使い方がさっぱり分からなくてつらい
  • 下書きを書いてパワーポイントを作りました。発表はすごく緊張しました。
  • エラーメッセージが出たまま活動が終わってしまったのがつらかった。
  • オイラーの定理の証明は、グラフの特性がきれいに利用されていて、面白かったです。発表のパワーポイントも、完成間近なので、次回までに完成させたいです。
  • 何も知らない人に説明するのが大変。自分の方では分かっていても相手はわからずポカンとしてしまう事がよくあるけど、今回のは完全に相手はポカンとなるでしょう。
  • 発表資料作りが一段落したのは良かったです。しかし、LATEXを使わなかったのは少し残念。もちろん使ってもよかったのだけれど、使わないほうが(少なくとも僕では)効率が良かったのです。セミナーについて、前回と同様に、グラフ関係のテーマは毛色が違うなと感じました。
  • 今回は、オイラーの公式の輪読と、発表の準備をした。オイラーの公式は高次元への拡張ができるかが興味がある。パワーポイントの準備も進めていきたい。

平成27年度以前の
実施レポート

平成28年度以降の
実施レポート