京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2016年2月20日の内容はこちら



実習指導

池田保 (教授)
塩田隆比呂 (准教授)

チューター

佐藤信夫 (池田研究室 専攻)
鈴木美裕  (池田研究室 専攻)
堀永周司 (池田研究室 専攻)

ボランティア

なし

実施場所

北部キャンパス  理学部6号館609号室 

実習内容

発表の予行演習

高校生による発表練習の様子1
高校生による発表練習の様子1

高校生による発表練習の様子2
高校生による発表練習の様子2

発表資料作成の様子
発表資料作成の様子


受講生の感想

  • スライドを作るのがとても難しく、一人で家で作成するのは無理だったが、チューターさんの助けを借りてなんとか仕上げられて安心した。また、この体験を通して少しPCの使用になれたかな、と思う。
  • 日曜の発表の予行練習をしました。予行練習をすることで自分では気づけないような問題にも気づけました。
  • プレゼンテーション力が鍛えられてよかった。
  • 明日の発表に向け、パワポ作成、話す内容の整理等を行いました。パワポを作成することで、より発表内容の理解が深まりました。基盤コース後期ラストでしたが、これからも、基盤コースで学んだように、自分で学び、理解を深めていきたいと思います。後期は数学を学びましたが、数学のみに限らず、さまざまな分野のものを学びたいと思います。
  • 「プレゼンテーションの目的は相手にわからせることではなく、分かった気にさせることだ」というのがけっこう面白かった。パワポでアニメーションをうまく使えるようになりたい。
  • 発表時間の短さを改めて感じました。とはいえ、一段楽したので、この後(夜)凄くがんばる必要はなさそうで安心しています。
  • power point の作成を行った。明日の発表もがんばりたい。

平成27年度以前の
実施レポート

平成28年度以降の
実施レポート