京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2015年11月7日の内容はこちら



実習指導

池田 保 (教授)
塩田 隆比呂(准教授)

チューター

佐藤 信夫  (池田研究室)
鈴木 美裕  (池田研究室)

ボランティア

なし

実施場所

吉田キャンパス 本部構内 総合研究7号館2F223号室

実習内容

1. テキストの各章の内容紹介
2. チューターによるセミナーの実演(素数が2つの平方数の和で表せるための条件について)
3. 次回以降のセミナーの分担決め

セミナー実演の様子
セミナー実演の様子(1)

セミナー実演の様子
セミナー実演の様子(2)


受講生の感想

  •  チューターの方のCh.4についてのセミナーを聞いて、初めて読んだときに詰まってしまった「素体」についてのことがよく理解できて良かった。次回からは自分も発表しなければいけないので、万全な準備をして臨みたいと思う。
  •  高校ではほとんど集合について深く考えないので集合の話になってから、急に難しく感じました。自分のやるところはとても長くて辛そうに見えるところになりました。でも単語を調べながらやっていけばきっと理解できると思うので何とか時間を見つけて少しずつでも進めたいと思います。
  •  自分の周りには、明らかに僕よりも数学を長年勉強してきたような同じ年ごろの人がいて、これから周りと一緒に自分が知らない数学を勉強していける事がとてもうれしい。今回チューターの方のセミナーを聞いて、その内容について分かったが、これと同じように自分で本の内容を理解した上で1人で他の人に説明するのは大変そうだと思った。とりあえず今日から毎日この本を少しずつ読んでいこうと思う。
  •  自分で理解していく過程が楽しそうだなあ、と思いました(チューターさんの実演を見て)。がんばって準備して、次回ちゃんと説明できるようにしたいと思います。
  •  初めての後期のELCASでとても楽しめました。4n+1型の素数が2つの平方数の和として表せることや、集合や、実数の話など、とても刺激的で面白かったです。次回のΣ1/n^2=(π^2)/6の証明をうまく説明できるように準備していきたいです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート