京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2013年11月2日の内容はこちら

実習指導

吉川 謙一(数学教室 教授)
川口 周(数学教室 准教授)

チューター

石川 勲(修士課程 2回生)

ボランティア

横田 真秀(博士課程 1回生)

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

今日で二項係数がしかるべき条件の時に整数のべき乗にならないことの証明を完了した。Chapter17の集合論をスタートし、今日は有理数と自然数が同じ濃度であることの証明をした。次回からはもう少し深い話になる予定である。

実験の様子
実験の様子 


受講生の感想

  • すごく遅刻してしまって申し訳ないです!話もきけなかったし、みんなの証明もちょっとしかきけなかったしもったいないことをしてしまった……。無限とか濃度とか少しだけ知っていたので、みんなの話についていけました!初めて!!嬉しかったです。次からは不可算なものをやっていくとか・・・。楽しみです。
  • 無限の怖さが身に染みました。もっと無限に慎重にならなければならんなと思いました。(`>ω<´)
  • 今日で数論が一旦終わって集合論に入った。新しい分野を学ぶのは楽しみだ。
  • 集合のところで証明の担当に当たっているのに、集合の濃度についてきちんと理解できていなかったことが分かりました。今日の最後のチューターの方々と一部の人が話していた内容はさっぱり分かりませんでした。数学って難しい…。
  • 発表の時においても、よく分からないところはチューターさんや先生方の補足があって非常にうれしい限りです。今日のところは自分が1時間くらい発表してしまいました残りの時間も十分楽しめました。
  • 数学では証明は分かるけどどうすればそう証明するのか理解できないということがたくさんあって不思議だと思った。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート