京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2013年10月5日の内容はこちら

実習指導

吉川 謙一(数学教室 教授)
吉川 謙一(数学教室 教授)

チューター

石川 勲(修士課程 2回生)

ボランティア

横田 真秀(博士課程 1回生)

実施場所

理学研究科3号館109号室 

実習内容

前回から残っていたchapter1の第4の証明を終え、Chapter2の証明に入った。2時間だったので証明の途中で中断する形になった。また、前回時間の都合で出来なかった位相に関する話、および指数の話を行った。

すべて終わったあとの板書。
すべて終わったあとの板書。

セミナーの発表風景。
セミナーの発表風景。


受講生の感想

  • 3回目にしてだいぶ慣れてきたので時間過ぎるのがはやかった。次こそ自分の発表が回ってくるはずなのでしっかり準備して取りかかりたい。
  • 前回欠席してしまったために、一番最初は何をすればよいのか少し惑ってしまいましたが、大した問題もなく発表を終えることができてよかったと思います。位相の話とか、帰納法の話とか、おもしろそうな話も聞くことができ、ためになりました。この本も読み進めていくととても興味深く、まだ読んでいないところが楽しみです。
  • 証明を理解したつもりでいても説明してみると混乱してきて本当に理解していくことが大切だと感じました。また、混乱している時にメンバーの方やサポートの方が手伝ってくれてなんとかやりとげることができて、感謝です!前で証明しながら他の人の助言やコメントをもらえるのはセミナー形式のよさだと感じました。今回は先生の説明とかも分かりやすくて、ちゃんと理解できたので、次回からも分からないところは先生なりメンバーなりに質問したいと思います!
  • 数論の奥深さが身に染みました。面白かったです。今日のトポロジーの話と円と立方体は同じで浮き輪は違うみたいな話がどうつながるのか知りたくなりました。
  • 今日やった分の証明は理解できました。長い証明を読んでいると途中で何を示したいのかが分からなくなることがあるので、証明の流れを把握しておくことが大切だと感じました。次回は4時間で、自分も証明が回ってくると思うので頑張ります。
  • 今回はChapter1の4つ目の証明とChapter2を少しやりました。チューターの方々が様々な補足をしていただけるので、いつも楽しく過ごせています。また位相の話なども多少していただきました。ただただ嬉しい限りです。今後とも楽しみです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート