京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2013年9月21日の内容はこちら

実習指導

吉川 謙一(数学教室 教授)

チューター

なし

ボランティア

横田 真秀(博士課程 1回生)

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

輪番のセミナー形式で素数の無限性(テキスト第1章)を複数通りの方法で証明し、それに付随して同値関係による集合の分解等、高校生には馴染みが薄いであろう概念を解説した。おそらく高校生にとってもっとも難しいであろう位相空間の解説が時間の都合で次回になった。

セミナーの様子
セミナーの様子


受講生の感想

  • 今日はChapter1の大部分を終わらしました。素数が無限にあることでさえもたくさんの証明があることがわかり楽しい学習になりました。また、同じ班の仲間と徐々に和んでいきいい雰囲気で発表ができました。位相についてはまだまだ未熟であるので、今回のことをきっかけにもう一度頑張ってみようかなと思いました。
  • お互いにゼミをやりあうのはとても楽しかった。他の人に説明してもらうとその場で質問やツッコミを入れられて、学校内での授業と違って聞く側も面白くよく理解できると思った。ちょっとした脱線などもそれぞれ個性があって面白かった。話す側としても人前(しかも数学ができる人の前)で話すとなると細かい点が気になってきて勉強になった。理解しているつもりのことも考え直せた。
  • 群論や位相空間の概念には慣れていなかったので証明を追うのが大変だったけど、皆分かりやすく説明してくれて何とか理解できた。今回自分が担当した部分は簡単だったので何とかなったが、次からはさらに難しくなることが予想されるので、しっかり予習して発表に挑みたい。
  • 全然知らない概念の話が大量に出てきて驚きでいっぱいです。しかも、他のメンバーはそれに物怖じせずどんどん深い話をしていくので予習と復習が欠かせないと感じました。次回は分からない所があればどんどん質問していきたいと思います。せっかくこの講座に参加できることになったので、1つでも多くのことを学んで帰らないと!先生や他のメンバーについていけるようにまずは用語を知っていくところから頑張って予習して次回は参加するぞ!
  • 知らない概念がいくつかあったので、式や論理構成の意味を理解することで精一杯でした。それらの概念をしれたらいいなあと思いました。
  • 今日chapter1の証明がほとんど終わりました。前回から2週間で今まで知らなかった内容を理解しなければならなかったので大変でした。前に立って証明をすると自分が理解できていない部分があることが分かったので、帰ってから復習したいと思います。他の人の証明も理解するのが大変でした。位相について勉強してからもう1度証明を読み直そうと思います。4時間あっという間でした。次回からは自分の担当でない所もある程度予習してきます。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート