京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2013年9月7日の内容はこちら

実習指導

吉川 謙一(数学教室 教授)

チューター

石川  勲(修士課程 2回生)

ボランティア

横田 真秀(博士課程 1回生)

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

初めてなので、チューターや教授を含めて全員で自己紹介を行った。その後に、今後の進め方や発表時の気を付けるべきこと等の話を行った。次回からはテキスト"Proofs from THE BOOK"にそって行うので、それを読んで発表してもらう順番を決定した。最後は本を読むにあたって必要と思われる簡単な基礎知識の導入(集合論、群、環、体の概念)を行った。

授業風景。


受講生の感想

  • 今回は第1回目だったのでチューターの方の講義を聞くだけだったが、少人数でのゼミのような雰囲気を少し感じられた。素数が無限個存在することの証明の6つのうち4つを知らなかったので、次回までに自分の分の証明はきちんと完成させられるようにしたいと思う。前で証明を行うというのは今までしたことがないので不安だが頑張りたい。数学好きの人たちの中に入って、刺激を受ける良い機会になると思う。次回からが楽しみである。
  • 1回目の導入気分の授業であった。今後に必要な予備知識なりを話していただいた。生徒のみなさんとは今日知りあったばかりだがそこそこ会話することができ、またチューターさんや吉川先生は2次面接の時に話していただいた(面接官)であったので、充分親しみやすいアットホームな空間であった。次回に向けて予習があり、みな緊張している面もあったが、今日は何だかんだでよい機会になった。チューターさん方の説明が非常にまとまっていていい勉強になったと思いました。
  • いきなり次回発表があるということで驚いています。数学について自由にワイワイ話し合える環境で楽しいです。それぞれみんな色々と秀でているところがあっていい刺激になります。もっと数学の話をしたいのですが、共通の話題を探していこうと思います。結構集中していると疲れる感じ。
  • いざ洋書を手にしてみるとやっていけるのだろうかと不安になったが、中を見るとどうやら平易な英語で書かれていれているようで自分にも読めると安心した。次回からはいよいよ黒板に証明を書いていくことになるのでしっかり準備して挑みたい。
  • 今日は、次回以降の発表の順番を決めた後に院生の人から集合論の基礎知識について講義がありました。集合論については学校で習っていることも多かったけれど、記号の使い方などいくつか新しいことを知ることができて良かったと思います。次回は来ることができるかどうか分かりませんが、次回以降が楽しみです。同じ講座を受ける人たちも、面白そうな人ばかりなので、仲良くすることができたら、と思います。
  • いつも日常生活に出てくるものを変な捉え方でみようとしているのですが、群、環、体を知ったので、また新しい視点を手に入れることができました。是非利用してみたいと思います。ご提供有り難うございました。ちなみに僕は自然数のことをNと書きます。(´・ω・`)

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート