京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2013年2月16日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

佐々木 健太郎(数学教室 修士課程 2回生)
横田 真秀(数学教室 修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

ELCAS修了合宿ではζ(2)=(π^2)/6という等式(Basel問題)について発表する事が前回決定していた。今回はまず、“スライドの発表でどこをどう話すか”を考えながら、皆で分担してBasel問題の証明を復習した。その後はひたすらパワーポイントでのスライド作りを行った。慣れない作業だったとは思うが、皆真剣にパソコンに向かっていた。

早速スライド作りに取り組む。
早速スライド作りに取り組む。

Basel問題をもう一度皆で分担して証明した。今回はプレゼンを意識して話し方を工夫していた。
Basel問題をもう一度皆で分担して証明した。今回はプレゼンを意識して話し方を工夫していた。


パソコンとにらめっこ。
パソコンとにらめっこ。


受講生の感想

  • ほとんどの時間を、パワーポイントの作成のための準備に使いました、数学班以外の班の人に聞いてもらうという事で難しい用語などを出来るだけ分かりやすく説明するところに力を注ぎました。プレゼンテーションが上手く行くといいと思います。
  • 発表が思ってた通り、予想以上に大変だという事が分かりました。少しでも分かりやすく伝えられるよう頑張ります。
  • 皆でζ(2)の発表の準備をしました。他の分野の人たちにも分かってもらえるように、頑張って発表したいと思います。
  • スライドの作成は初めただったので大変でしたが、何とか形になってよかったです。発表は緊張しますが、最後の一日なので楽しみたいと思います。
  • 頑張って発表したいと思います。
  • 今回、最終回という事でプレゼンテーションの準備だけという事になってしまい、若干、残念な気がしました。ELCASの半年間楽しかったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート