京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2012年12月1日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

佐々木 健太郎(数学教室 修士課程 2回生)
岡田 健(数理解析研究所 修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館108号室

実習内容

素数が無限個あることの第六の(テキストにある最後の)証明をした。これは素数の逆数の和が発散することを示すもので、自然数の素因数分解に注目して証明した。

余った時間で、前回宿題に出した位相空間の問題を発表してもらった。

証明で用いた不等式の評価を吟味証明で用いた不等式の評価を吟味

素因数に注目して不等式を導く素因数に注目して不等式を導く


3元集合の位相を決定3元集合の位相を決定


受講生の感想

  • 今回の証明は、一番理解しやすかったです。今までのよりも、より具体的であったように思いました。
  • 素数が無限にあることをずっと証明し続けて、やっと自分の番が回ってきた。2人がかりで、一番最後のおいしいところだけ頂きました。ありがとうございました。
  • 今回の証明はとても分かりやすかったです。次回のオープンコアの数学とても楽しみです。
  • いつも時間をオーバーするけど、とても楽しいです。一回ぐらい時間オーバーしないよう、次から発表手際よくがんばります!!オープンコアコースが素数だと思ったら、物理(宇宙地球?)だったのでがっかりした。しかも次回のオープンコアコースは来られないので二重にがっかりした。
  • 素数が無限に続く証明が終わりましたので、いよいよ…です。
  • 次回から個人研究ですね。頑張ります。
  • 今回で素数の無限個あることの証明が終わりました。たくさんの証明方法があって楽しかったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート