京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2012年9月1日の内容はこちら

実習指導

伊藤 哲史(准教授)

チューター

佐々木 健太郎(数学教室 修士課程 2回生)
岡田 健(数理解析研究所 修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館109号室

実習内容

テキストとなる“Proofs from THE BOOK”を配布し、これを読み進めるのに必要な概念の講義を行った。集合論の基礎や同値関係など、現代数学の基礎的な考え方を学んだ。次回からは、学生が発表する形式でテキストを読み込んでいく。

現代数学の基礎的な概念の講義
現代数学の基礎的な概念の講義

テキストを眺め、今後の方針を決めた
テキストを眺め、今後の方針を決めた


集合や同値関係について学んだ
集合や同値関係について学んだ


受講生の感想

  • とても難しかったです。とても速かったです。周りの人達がとても賢そうでこれから不安です…。数ⅠAⅡBの知識しかないので、もっとこれから色んな事を学びたいと思います。
  • 新しい概念や定義がどんどん登場して、ついて行くのに必死だった。というよりは、まだあまり理解出来ていない。難しかった。ただ、新しい事をいろいろ知ることができそうで、とてもわくわくしている。講義をしてくださった2人の方もとても数学が好きそうで、2人の話を聞いているだけでとても面白かった。
  • たいへん面白いのですが、少し難しめで、自分の体調を整えなければ、取り残されてしまうと学びました。次から気をつけたいと思います。しかし、今回は一度見たことがあるものだったので、まだ良かったです。
  • 合同式については多少の事は知っていましたが、自分の知らない分野からの説明が多く難しかったです。ただ、Proofs from THE BOOK は興味深かったので、家に帰ってじっくり読みたいと思います。次回のELCASまでに、演習問題を通して、今日の内容の理解を深めて行きたいです。これからよろしくお願いします。
  • まさか、いきなり前でしゃべることになるとは思わなかった。ただでさえ至らない説明がさらにぼろぼろに…。何となく何を言えばいいのかは分かってきたので、次回以降に生かしたい。授業内容は抽象的で難しかった。分かったような分からないような絶妙な感覚なので、家で復習したい。
  • だいぶ分からないことが多くて、あまりついていけませんでした。分からなかったところを、次回までにちゃんと本など読んで出直してきます。本当に難しいし、初めての表現方法に驚いているばかりです、次からは本も読んで行くので、しっかり頑張ります。
  • 難しかったです。でも、もう一度復習をし、体験したことを身につけていきたいです。私の現時点の知識では全く歯が立たないので、早めに高校数学から学んでいこうと思います。
  • modulo の世界では+、−、×、÷、そして≡で結んだり、結べなかったりという関係が何となく成り立つものだと思っていたけれど、それは『同値』とか『写像』などが厳密に決まっているからだと分かった。集合の和とか、非交和が出てきた辺りから全然分かりませんでした。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート