京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2012年1月21日の内容はこちら

実習指導

伊藤 哲史(准教授)

チューター

佐藤 敬志(数学教室 修士課程 2回生) 

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館109教室

実習内容

テキスト「天書の証明(Proofs from THE BOOK)」

Chapter 20. にて、学生がp-進関数|・|_pを定義し、その性質を紹介して、Monskyの定理の証明を発表した。

Monskyの定理を証明する
Monskyの定理を証明する

p-進関数の定義をし、その性質の説明をする
p-進関数の定義をし、その性質の説明をする


受講生の感想

  • 4時間の体験学習コースはやっぱり大変でした。でも、数学科のペースがやっと分かり始めてきました。けっこう時間が余ったけど、いろいろと話も聞けました。
  • ELCASも残り2回です。とてもさみしいです。ELCAS4期生は自主的に合宿したり、平時に集まったり、とても仲が良いです。あと2回で終わりだなんて信じられません。
  • やっていることは分かるがなぜそんなことをするのだという疑問ばっかりだった。そんな考え方ができるようになりたい。みんなもすごいと思う。ぼくがここにいていいのだろうか(笑)
  • 今回は「正方形を面積が等しい奇数個の三角形に分割できない」という定理の証明をした。証明の方法はこの1通りしか知られていないのが意外だった。
  • 今日やった問題は読み進めるにつれてじわじわ分かってくる感覚が面白かった。
  • 準備不足で発表できず、みんなに迷惑をかけてしまった。次は発表できるよう努力したい。面積をテーマとした問題の証明に色のついた点を使う方法はとても奇抜で興味深かった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート