京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2011年10月1日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

佐藤 敬志(修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部6号館301号室

実習内容

テキスト「天書の証明(Proofs from THE BOOK)」の第1章 第1節 素数が無限個あることの6つの証明を事前に当てられた学生が各々前に出て発表し、チューターが適宜解説した。前回出された問題が残っていたので、それが解けた学生が答えを発表した。次回、テキストのどの部分を行うかについて学生たちが協議して決定した。

前回出された問題の解答を行う前回出された問題の解答を行う

素数が無限個あることの証明を行う素数が無限個あることの証明を行う


解説する受講生とそれを聴いている受講生
解説する受講生とそれを聴いている受講生


受講生の感想

  • 初めての発表は少し緊張したが、だいたいは成功して良かった。数学の知識をもう少しつけて、次の講座に臨みたい。
  • 習っていない知識を使った証明だったので、理解しがたかった。次までに少しでも知識を増やしておきたい。
  • 自分の知識では知らない部分が多くあって苦労した。学校で習っていない部分も先行して勉強し、知識量を増やしていきたいと思った。
  • 素数の無限性についての証明が6個もあり、様々な方向から素数について学べてよかった。
  • 忙しくて予習できておらず不安だったが、洋書に出てくる単語は割と簡単で良かった。何となく式を追っていれば読み取れる。英語の勉強にもなってよい。
  • できれば前回の宿題の chapter 1 の 1~6 の証明全ての解説をしてほしかった。あと、この本はある程度の知識が広いと読めないなと痛感した。ちょっと群論あたりを自習しておきたい。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート