京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2011年9月17日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

岩木耕平(博士課程1回生)
佐藤 信夫(博士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館109号室

実習内容

前回、9/3(土)に予定されていた第1回のELCASが台風により中止になったため、今回が初めての実習となった。今回は勉強する予定の本"Proofs from THE BOOK"を配布し今後の実習の方針を説明した上で、来週の発表者の割り当てを決めた。また残り時間は問題演習に充て、解けた人には黒板で発表してもらった。

問題演習を行い、解けた人には発表してもらった。

問題演習を行い、解けた人には発表してもらった。


問題演習を行い、解けた人には発表してもらった。
問題演習を行い、解けた人には発表してもらった。


受講生の感想

  • ずっと考えていたので疲れた。学校で習ってることを使ってもあんまり歯が立たなかった。
  • 普段学校でやってることと全然ちがうので難しかったです。
  • 出された問題が難しく苦戦した。しかし解いてる間は気持ち良かった。
  • 出てくる問題は、一年生の私たちには難しいものでした。これから知識を身につけて、みなさんについていけるようにしたいです。
  • 初めて、ELCASの体験をして、とても緊張した。しかし、自分達で問題解いて教え合うのは楽しかった。
  • オイラー関数の問題がn=p^k(p:素数)のときはできてよかった。つかれた。また家でもやりたい。
  • 問題を出し合ってみんなで考えるのは面白い。本を見た感じ、ある程度予備知識を前提しているようで心配。
  • 第1回ということで、どんな授業になるのかなーと思っていたのですが、思っていたよりフリーな感じで驚きました。次回からはテキストを進めるようなのですが、洋書は助けなしで読めるか少し不安です。ただ、読むの楽しみです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート