京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2010年10月16日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

広瀬稔(修士課程2回生)
佐藤信夫(修士課程 2回生)
竹内 光(修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館 109講義室

実習内容

第7章『some irrational numbers』の続きをやった。証明したことはπ^2が無理数であること、そしてn≧3が奇数であるとき1/π×arccos(1/√n)が無理数となることだ。π^2の方の証明では微積分を使う。まだ学校で微積分をやっていなかった生徒たちには、公式を形式的なものだと思ってもらって先に進んだ。生徒によって高校で勉強している範囲が異なるので、不慣れな生徒や分かっていなそうな生徒にはその都度補足説明をしながら進んだ。

授業風景

授業風景


授業風景 


受講生の感想

  • 充実した時間だった。
  • 今回は遅れてきたのでほとんどできませんでしたが、また考えてみます。
  • 前回休んだのでひさしぶりのELCASでしたが楽しかったです。内容はarccosに関する証明とπ^2が無理数であることの証明。π^2に関しては身近でとても楽しかった。
  • 学校でやっていない微積分の計算が出てきて難しかったので、π^2が無理数になる証明がわかりにくかった。でも何となくわかったのでとても面白かった。
  • 雰囲気にだんだん慣れてきた。証明は難しかったが、チューターの方に説明してもらったりして、流れをつかむことができた。もう少し家で考えたら理解できると思う。
  • 充実感はあったが疲労した。
  • π^2とか1/π×arccos(1/√n)とかが無理数なことの証明だったが、はっきり言ってムズカシイ!理解するので精一杯。でも、それはそれで中々に楽しい。面白い。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート