京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2010年10月2日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

広瀬稔(修士課程2回生)
佐藤信夫(修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館 109講義室

実習内容

今日はまず、前回の残りの、素数の逆数の和が発散することの証明をしてもらった。その後次のトピックとして、eやe^4の無理性の証明をしてもらった。次回は一般の有理数rについてのe^rの無理性およびπ^2の無理性の証明をしてもらう予定である。

授業風景

授業風景


授業風景


受講生の感想

  • 分からないことばかりだった。
  • とても楽しかったが、素数の無限の証明が難しくてあまり理解できなかった。また、発表するときに緊張したので次からはもっとしっかりとやってきたいと思った。
  • 説明するには、しっかり理解していないといけないと思い知った。内容も難しいので、予習してこようと思います。
  • セレモニーで疲れて授業に身が入らなかった。
  • 今回は、eの無理性とe^4の無理性、そして前回やり残していた素数の無限性について証明するといったことを行った。中々時間を食ったせいか、e^4の無理性については完全には終わらなかった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート