京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2010年9月18日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

広瀬稔(修士課程2回生)
佐藤信夫(修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館 109講義室

実習内容

前回宿題にしてあった素数が無限にあることの証明を、分担して発表してもらった。群の性質を使った議論を含む証明に挑戦してきてくれた学生がいたが、少し混乱していた部分など理解が進んだようにみえた。次回はアンケートの結果、eやπの無理性の証明をやってもらう予定である。

授業風景


授業風景


授業風景


受講生の感想

  • 証明をすることよりも英文を日本語訳することの方が、はるかに難しく感じた。日本語版「天書の証明」が絶版となり残念に思う。
  • 家で作ってきた証明が間違ってしまっていて、詰まってしまいました。チューターの人の助けを借りながら何とか最後まで証明することができました。次からはもうちょっと準備してくるつもりです。
  • ちょっと難しかったけど、たのしかったかな。でも大学の内容がやっぱり入っているので少ししんどかった。
  • 二時間ぐらい遅刻して時間が短かったが、楽しかった。素数が無限に存在することを群を使っての証明が難しかったが、詳しくわかったので面白かった。
  • 初めて発表して少し緊張したが楽しかった。いろいろな所を指摘されて、理解が足りなかったと感じている。次は頑張りたい。
  • 今日の内容は、ひたすら「素数は無限に存在する」ことの証明をいろいろな方法から探っていったものである。それほど複雑でないものですら「無限」や「群」の考えがよく登場し、中々に頭を悩ませる。文章を読むだけなら簡単なものの、それを「理解」するのには多大な労力を必要とすることがよーく分かった。それにしても、一度理解してしまうと、なんと面白いのだろうと感じる。よく考えつくものだ。それともう一つ。ユークリッドの何と偉大なことか。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート