京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2010年5月1日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

丸橋 広和(修士課程2回生)
竹内 光(修士課程 2回生)
広瀬 稔(修士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学部3号館109号室

実習内容

chapter11の、Eulerの公式を使って証明できる便利な補題を証明してもらった。これらは今後別のchapterでも使うことがあるので次への足がかりともなる。来週にはこの章が終わるので次の章を決めた。実習後には談話をしつつ、「二人で出来るゲーム」の必勝法に関する考察を皆でおこなった。

授業風景


授業風景


授業風景


受講生の感想

  • 発表をした。準備不足だったのが悔しい。ELCASも残り3回なのでがんばる。
  • 今日の内容は今までの難しさに比べると分かりやすかったです。グラフは何も知らない人が見たら、ただの線と点に見えると思いますが、数学的な観点からみると非常に深い議論が出来るのだということを実感しました。次回は自分の番が来るはずです。「基底」についてあまり理解できていないので、何とか分かるようにして おきたいです。
  • だいたい分かった。これからも頑張りたい。
  • 今回は、オイラーの定理のPropsitionをやりました。背理法を使って解くなど少し難しい部分もありましたが、分かったのでよかったです。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート