京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2010年1月9日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

丸橋 広和(修士課程 1回生)
竹内 光(修士課程 1回生)
広瀬 稔(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館109号

実習内容

ラテン方陣を完成させる章の途中。共役なラテン方陣について説明してもらった。Lemma.1とLemma.2を説明してもらった。

授業風景

授業風景


授業風景


受講生の感想

  • 難しかったです。証明の書き方を工夫した方が良かったなと思いました。あと、もっと理解した方が良いなと思いました。
  • 今日はラテン方陣をやったのですが、Lemma2のf_{l-1}>=2とf_{l-1}=1となるところがとても難しく、分かったらすごくスッキリしました。
  • 今日の内容は難しかったです。「何が一番難しいのか?」と考えてみると、「1」、「2」、「3」、・・・などの世界ではなく「n」の世界で証明しなければならない点だと思います。「1」、「2」、「3」ならば実際に試行することができるのですが、「n」となると超抽象的で困難になってしまいます。なんとか「n」で論述することに慣れたいと思います。
  • 今日の内容はほとんど理解できなかった。やはり数学は難しいと思った。
  • 講義を聞いている間はよく分からなかったが、残ってチューターの人に教えてもらったので、ほとんどの部分が理解できた。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート