京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2009年12月5日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

丸橋 広和(修士課程 1回生)
竹内 光(修士課程 1回生)
広瀬 稔(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館109号

実習内容

美術館の章が終わった。すべての多角形が三角形に分割できることを説明してもらった。球面幾何や双曲幾何というものがあることを説明した。その後ラテン方陣を完成させることを考える章に入った。

授業風景

授業風景


授業風景


受講生の感想

  • 今回も内容は難しかったですが、2次元の話を3次元にうつしたり球面にうつしたりしたのがとても新鮮で楽しかったです。他の問題でも次元を変えたりして考えてみようと思いました。
  • 今回もいつものように難しかったです。しかし回数を徐々に重ねていくうちに考えるこつが分かってきたような気がします。今日はテキストの内容についてだけでなく、そこから発展して、様々な幾何の紹介もしてもらいました。それも興味深かったです。様々な知識をみにつけていきたいです。
  • 今回は自分の発表の番だった。うまく説明できなかったけど、無事に終わってよかった。
  • 全ての多角形はいくつかの三角形に分かれることが証明された。ラテン方陣にも取りくんだ。少し難しかったがよく分かった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート