京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2009年11月7日の内容はこちら

実習指導

なし

チューター

丸橋広和(修士課程 1回生)
竹内光(修士課程 1回生)
広瀬稔(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館109号

実習内容

<進度>
Bertrand仮説の証明を終わらせた。次回は第31章のHow to guard a museumをやる。
<方法>
高校生に本の予習をしてきてもらって、前で発表してもらう。もっと理解が進むように助言したり、周りの子が分かっていなそうならより丁寧に記号の説明やモチベーションを説明しよう努めた。
<課題>
ただ、発表している子以外の子は必然的に参加率が低くなってしまう(発言する機会が少ないだけでなく、内容がもともとよく消化できている子は、この時間を退屈に過ごすことになってしまう)ので、もっと全員が参加できるような形に出来たらより面白さを感じてもらえると思う。

授業風景


授業風景

授業風景


受講生の感想

  • 一応理解はできた。まだなれないところもあるので頑張りたい。
  • 今回でベルトランが終わりました。「n<p≦2nとなるpが存在しない」とまず仮定し、そこから矛盾を見つけ存在することを証明するのはすごいと思いました。
  • 学校でまだ習っていない記号が使われており、大変でしたが、どうやって証明すれば良いのか考えも付かないような定理が目の前できれいに証明されていくのがとても面白く、”素数”に対する興味もわきました。
  • 証明が終わると気持ちがよいです。何週間もかけて証明してきたBertrand仮説が証明できたとき、達成感を感じました。これからも、このやりきった感じを求めて、頑張っていきたいです。
  • 今日の内容は理解できてよかった。自分の発表のときはとても緊張して上手く説明できなかった。
  • 分かりにくい講演ですみませんでした。バートランド仮説がよく分かりました。(ちなみに今日も実力テストの2時間後に講演がありました)
  • 久々だったのでずい分と忘れていた。困りはしなかったが、予習しないといけないな・・・。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート