京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2009年9月5日の内容はこちら

実習指導

森脇淳教授

チューター

丸橋広和(修士課程 1回生)
竹内光(修士課程 1回生)
広瀬稔(修士課程 1回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科3号館 109号室

実習内容

森脇先生が講演の続きの話をされた。その後次回に高校生が発表することの担当を決めた。他に自己紹介もした

受講生の感想

  • すごい難しかったのでついていけるか不安です。知識量が少ないので問題を解く自信がありません。いろいろつまずきそうですが、頑張っていきたいです。。
  • 学校では全然習っていないところで、びっくりしていましたが、ゆっくり考えていくと、少しずつ分かっていったので良かったです。英語が少し苦手で本が読めるかどうか少し不安なのですが、頑張っていきたいと思います。数学もしっかりとやっていきたいと思いました。
  • まだ習っていないことを使った証明だったので難しかったのですが、できる限り理解しようと頑張りました。たまに分かるところがあると頭の中が明るくなるような感じがしてとても楽しかったです。知らなかった計算の方法などは、教科書などで読んで勉強しておこうと思います。また、まだまだ分からないことがたくさんあると思うとワクワクしてもっと勉強してみたいと思いました。
  • 第1回ということで、簡単な内容にしてくださったのだと思います。そのおかげで、理解することはできました。ただ、数学者は、今日教えていただいた内容を自分で考えなければなりません。それを思うと、数学の難しさを実感します。また、テキストが英語だということにも衝撃を受けました。大学へ行けば、ほとんどが英語になるということは聞いていましたが、その英語にこんなにも早く触れることになるとは思いませんでした。しかし、先生に教えてくださったように、研究をするなら、国際舞台で活躍をしなければ意味がありません。そして国際舞台で活躍するためには英語が必ず使えなくてはなりません。ですからこれを良い機会と考えて、しっかりと学んでいきたいです。
  • オープンコアの講義はあまり理解できなかったが、教室に入ってからの話はよく理解できて面白かった。教科書が英語で書かれていて読めるかどうか不安だけど、これから頑張ってやっていきたい。
  • 学習コースは本当に難しかった。次回からは予習をして来ようと思う。英語のテキストを渡されたが、英語が苦手で心配だ。
  • 一切理解できないところと理解できない部分がないところで二分化されていた。英語が苦手なので教材を読めるかどうか怪しい。ただ、内容そのものはすでに習ってあった範囲だったから大丈夫そうだ。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート