京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

数学の2009年1月10日の内容はこちら

実習指導

森脇淳 教授

チューター

木村嘉之(博士課程 2回生)
長尾 有晃(博士課程 2回生)

ボランティア

なし

実施場所

理学研究科 3号館 109号室

実習内容

前回やったP.ホールの結婚定理について、これからもたびたび使用することになるため、演習問題を2題出し、それについて高校生に考えてもらった。また、集合と写像やグラフの概念を用いて、同じ問題が異なった見かけをもつように変形できることを理解してもらった。

受講生の感想

  • ガロア理論がどんなものかはとても難しいとのことでしたが、二次方程式など今まで普通に使っていたものを全く違う視点から見ることが出来て面白かったです。
  • 今日、拝聴した講義はとても難しく、途中からは睡魔と戦っていました。数学は、代数や幾何の複雑そうな関係を利用していくので、本当に正しいのかさえ、分かりにくいので、もっと論理的な考えを身に付けていきたいと思いました。
  • ガロア理論については、やっぱり何か分からなかってけれど、ガロア理論で考えることによって、すばらしい思いつきが出来ることに感動した。とくに置換が三角形の対称性ででも考えられれるというのがすごいと思った。
  • 代数方程式のガロア理論が代数的可解性の問題や、超幾何微分方程式などにまでつながっているというのことがとても感心しました。
  • すごく面白いところもあったけど、何を言っているのか全然わからないところもあった。
  • ガロア理論を使って、幾何学的に高次方程式を解くのは、おもしろかった。方程式を解く時今まで、直線、曲線しか使わなかったので、新しい解き方は見ていて楽しかったが、自分ではその解き方は使いたくないと思った。
  • 三次方程式の解の公式ってあることは知ってたけど、どうやって作るのかとか、全然知らなかったし、どういう風に考えるのか予想もつかなかったけど、今日聞いて、なんとなく作り方が分かってよかった。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート