京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数学

  • 対称性とは何か

日時

2010年10月2日(土) 

講師

三輪 哲二 教授

授業風景


受講生の感想

  • はじめは結構簡単だったけどカーリングの問題は難しかった。問題としては十分に面白かった。
  • 対称性とは縁は対称性が無限個あることの話を聞いておもしろいと思った。
  • 前半の講座の内容が簡単すぎて面白くなかった。高校で習う内容は既に知っているものとしてお話していただければなぁと思った。後半の内容は対称について、今までと違う視点で見たのが面白いと思った。
  • 高校数学と近い次元の話だったので分かりやすかった。
  • 対称性全然知らないことだったけど、今日の講座で少しは理解できた。考えることは好きだから今日聞いたことは好きだから今日聞いたことを整理してみたいと思った。
  • 最初の話はすごく難しくてついていくのが大変だった。でもリーグ戦の話になると、難しいけれど面白くだんだんわかっていく楽しさが感じられた。回転は三角関数で表すことが出来ることにすごく驚いた。三角関数は数字だけの世界だと思っていたけれど三角関数は空間的なことにも利用できるんだなと思った。カーリングを見ただけで対称性のことを考え出してしまう先生に対しても驚きを感じた。
  • 回転と三角関数を表せることや他の方法でも表せるということは初めて知りました。カーリングで3チームの場合は1勝1敗で対称になりますが、2N-1チームの場合、何勝何敗で対称になるのかがとても気になりました。
  • 学校で学ぶ数学はより簡潔に分かりやすく答案を書いて問題を解くということを目的としていますが、本当の数学は行き着くことが決まっているわけではなく、「自分で考える」ことが大切なのだと感じました。少し難しい内容でしたが面白かったです。
  • 少々難しかったけど内容は面白かったと思う。対称性もそうですが数学にはまだまだ面白い分野がたくさんあると思うのでもっといろいろな物にも触れてみたいです。
  • 対称性という難しいテーマだったが、具体例を挙げ、順を追って丁寧に解説して下さったのでとても分かりやすく面白かった。2年前にノーベル賞を受賞された益川、小林、南部の3氏の研究のキーワードも「対称性の破れ」だったので前々から興味があったが今日の講演で「対称性」についてより理解を深めることができた。最後に教授が提示された問題を是非家で考えてみたい。
  • 非常に興味深い内容でとても面白かった。対称性は平面や空間だけに存在するものではなく動かしても変わらないものであるということが分かった。リーグ戦の勝ち負けにも対称性があるということも理解したが少し難しかったので自分でも考えてみたいと思った。
  • 行列を知っていたので点の移動についてはよくわかりました。いろいろな視点から考えることができて面白かったです。
  • 身近な図形についての考察を深めていくことで対称性全般について多少理解を得ることが出来た。物理の世界においても重要なキーワードである対称性についての話であったので興味深かった。
  • 高校生にいろいろ質問をしながら進めてくれたのでとても分かりやすかった。カーリング問題についてもすごく興味がもてた。後で考えてみようと思う。
  • 今回の話はとても興味深かった。数学は好きだったのでとても楽しかった。対称性とは何か?という答えは正直まだわからない。カーリングは自分でもこれからやってみたい。
  • 今日は数学だったので数式から方程式のオンパレードを想像していましたが私たちでも分かる言葉で丁寧に説明して下さったのでとても分かりやすかったです。淡々とその場で講義を作り上げていくスタイルがとても好きでした。
  • 謎が残されたので挑戦したいと思った。内容も興味深かった。四次元になると対称性はどうなるのか?
  • 対称性と聞いた時、点対称と線対称しか知らなかったけど以外にいろんな対称性があるんだなと思いました。
  • 初めの内容は理解しやすかったですが後半はやや理解しがたかったです。しかし楽しむことができましたし、考えさせられました。
  • 数学の面白さを改めて実感した。数学を考えていて全くストレスを感じないので数学を研究するのもいいかなと思った。
  • サインコサインはまだ学校で習っていませんでした。予習は一応していたのでなんとなく名前はわかっていたのですが、今日は難しかったです。関心は持てましたし分かりやすいと感じましたが、サインコサイン・対称性の話などを知らなかったので難しいと感じてしまいました。今日の話が理解できるようにもっと熱心に勉強していきたいです。
  • 数学はわからなすぎて全然解らなかった。理解しようとしても難しかったので大変だった。もう少し数学を勉強しないといけないと思った。
  • 対称性という言葉から図形や組み合わせなどに問題が広がり非常に面白かった。
  • 対称性ということについてだけでもこれほど奥が深い問題であることを今回解り、数学の奥深さが更に感じられた。対称性を式で表せることが特に印象的だった。
  • とても答えが気になりました。対称性にもっと別のイメージを抱いていたのでとても興味が出ました。
  • 対称性について興味深く思いました。特にカーリングからの話の本質的には変換しても同じなのかということは面白いと思いました。対称はとてもいろいろな方法があり、不変であったりするということがよくわかりました。
  • 新しい視点で数学を見ることが出来てとても楽しかったです。対称性はそういう捉え方もできるのだと知りました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート