京都大学ELCAS(エルキャス)

平成27年度以前のレポート

数理工学

数理工学の2014年12月20日の内容はこちら

実習指導

中村 佳正  (工学部/情報学研究科 数理解析分野 教授)
木村 欣司  (同 特定准教授)
關戸 啓人  (同 特定助教)
辻本 諭  (同 准教授)

チューター

藤井 祐貴  (情報学研究科 数理解析分野 修士2年)
小嶋 忠詞  (同 修士2年)
田中 博基  (同 修士2年)
羅 宇  (同 研究生)

ボランティア

石上 裕之  (大学院情報学研究科 数理解析分野 博士2年)
赤岩 香苗  (大学院情報学研究科 数理解析分野 博士2年)

実施場所

吉田キャンパス本部構内工学部1号館317 セミナー室

実習内容

Newton法を用いたアルゴリズムにより、陰関数描画を数値計算によって行うことを最終的な目的とし、今回は以下の実習に取り組んだ。
① プログラミング言語「C」を用いたプログラミングを行うに当たり、ソースコードの入力の仕方,コンパイルの仕方などを含めた、基礎的な事項について説明を行った。
② プログラミング言語「C」を用いて最終的な目的を達成するための基礎的なプログラミングをコンピュータを用いて取り組んでもらった。
③ 陰関数描画をNewton法による多項式の実根探索を用いて行う方法を実装し、具体的な陰関数の描画を行ってもらった。
④ 参加生徒自らが描きたい関数についても描画を行ってもらった。

「なるほど忘れないようにメモしないと」
「なるほど忘れないようにメモしないと」

「大変だ!前回よりもかなり難しいぞ…」
「大変だ!前回よりもかなり難しいぞ…」


「トラブル発生!でもチューターさんが丁寧に教えてくれる」
「トラブル発生!でもチューターさんが丁寧に教えてくれる」


受講生の感想

  • 今日の講義では、プログラミング言語の基礎と、関数のグラフをパソコンに描画させる方法を教わった。プログラムの内容はとても難解だったが、関数を自分が描きたいものに替えるのは関数とそれをx,yについて微分した部分を書き換えればいいだけなので、割と簡単だった。y=x^2,y=sin(x)のグラフの形は予想通りの放物線と正弦曲線だったが、y=sin(x^2)やy=sin(x^3)は意外な形で、前者はMの形をしていた。y=(xの多項式)のグラフはあまり利用出来なさそうだが、sin(x)のグラフは応用が利きそうだ。まだどのような形のグラフを描くか決めていないので、家でじっくり考えたい。
  • 今回、初めてプログラミングをしました。そして、ハートを完成できたとき、とても胸が高鳴りました。しかし、先生の示しなさった通りに打っていったのでまだ自分の力でしたという実感がわきませんでした。でも、そのあと、そのプログラミングをいじって好きな関数のえを描いたときは若干ではありますが、自分でしたという実感がわきました。今度は自分の好きな関数の絵を描くことになると思いますが、まだ不安がいっぱいです。とにかく、先生の言うことをしっかり聞いてやっていきたいと思います。
  • 前回よりも、かなり詳しいことをしたので、とてもたのしかったです。もう、結構プログラムの作り方が分かってきたので、頑張ればフェボナッチ数列のプログラムも作れるかなー、と期待しています。家へ帰ってから、こういったものがうちのパソコンにもあったら、試してみたいと思います。次回?からは、違う研究室なので、今日習ったことは忘れないようにしたいです。後、ついでにフェボナッチ数列について少し新しいことを教えていただき、ためになりました。
  • 途中、結構つらいところもありましたがとても楽しむことができました。プログラミングなど全くしたことがない身ですが、すこしプログラミングを知れて、興味がでました。自分でも見てみようとも思いました。今までできなかったことができるようなものが知れてよかったです。次回もたのしみです。
  • 今回は本格的な的なプログラミングを実践し、とても難しかった。記号を一つ打ち忘れていたりとミスが多々あった。しかし、居残りしながらもリサージュ曲線のプロットを成功することができ、とても楽しかった。今回のこの体験を次に生かしていきたいです。
  • 本格的にプログラミングをやって、覚えることが多く大変でしたが、楽しかったです。今日は一つしか自分で図形を作ることができませんでしたが、とてもおかしな形になって面白かったです。次回はもっと複雑な関数を作りたいです。今日も先生方、チューターの方々、丁寧に教えていただきありがとうございました。
  • 先週は欠席したので、今日の内容についていけるか心配でした。そして思った通り最初の木村先生の説明も、分かりやすい部分以外あまり分からず、ちょっと寝てしまいました。プログラミングは、進度的にはけっこう着いていけましたが、5か所ぐらい間違いがあって、根本的な理解にはまだまだ遠いという感じです。なんとかハート形も描けた頃に、だんだんプログラミングの文字の意味も分かってきて楽しくなりました。(一段目がfxで,その下に微分した式を書いてるんやな!みたいな)他にも円と、x*x*x + x*x + x+y のグラフも描けました。
  • C言語はとても難しかったです。ただ、文字を打ちこむのは楽しかったです。無事にハートを描くことができたので良かったです。今度は、もっといろいろな図形が描けるように頑張りたいと思います。打ち込んでいる内容は複雑で、今どこを打っているのかわからなくなるときもありました。どんどん自分のものにしていきたいです。ありがとうございました。
  • 最初はEMACSやC言語が早くうてないのとうまくいかないので疲れてしまい嫌になりかけましたが、最後の方はパソコンをいじっているのが楽しかったです。また色々な関数を書いてみたいと思いました。

平成27年度以前の
実施レポート

年度別の実施レポート